ハイヒールを履いている時の足は横アーチが崩れている状態と同じ

ヒールの高い靴を履くということは、横のアーチがなくなった状態で履き続けているということです。

2015-01-08 14.18.23

角質が硬い・ヒールだこ・ウオノメ・外反母趾・内反小趾

ヒールの高い靴をよく履く人に多くあるこれらの症状。ハイヒールは履き方を間違えると前につんのめることが多く、これらの症状になりやすくなります。
しかし原因はヒールだけでなく、足の筋力が落ちて横のアーチがなくなっている人にも出やすい症状でもあります。
ヒールの高い靴を履いていなくても、歩き方や姿勢の癖、筋力の弱化などでなる場合も多い。

 

横アーチがなくなった開帳足

足の親指の付け根が外側に飛び出ている外反母趾

この状態だと必然的に人差し指の骨との間が開いた状態になります。
このため、指の付け根の横アーチが平らになってしまうのです。

この状態を開帳足といいます。足が本来の幅よりも、広くなってしまうのです。

以前履いていた靴がきつく感じる・・・
それは、もしかすると 足の幅が広がって、アーチがなくなってきているのかもしれません。

2014-11-22 16.30.14

 

 

 

 

 

 

 

 

「開帳足がすべての始まり」ととらえる向きもあります。足裏の「つかむ」筋力が落ちてくると「蹴る」力も落ちてきます。
ハイヒールを履きたいのであれば、このデメリットをよく理解したうえで正しく履くようにしましょう。

ひどくなる前に足のトレーニングをオススメしています。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。