かかとを弾ませてバネを復活させたら足首も細くなる!

今日は簡単な運動方法をお教えします。

前回「虫様筋」という筋肉の特徴から

「足の指(足趾)が曲がると足裏のバネの力が弱くなる、つかむという力が弱くなる」

ということを書いたのですが、おわかりいただけたでしょうか。あまり知られていない筋肉なのですがね。

もう今現在足趾が曲がってしまっている、あるいは足裏のバネが弱いと感じている方は、早めに対処したいですよね。
やれば強くなります。やらなければ劣化していく一方です。

 

弾む!踵の上げ下げ

普通のかかとの上げ下げ(ヒール・レイズ)でも十分効果があります。

ヒール・レイズ(カーフ・レイズ)

かかとを床につけて立った状態からスタートし、しっかりとかかとを引き上げてつま先立ちになる。
そしてゆっくりと元に戻し、これを繰り返す運動。段の上で行うとより効果的である。つま先だけを段の上に残し、かかとをできるだけ下ろした状態からスタートする。また、ダンベルなどを持って行うと負荷がより大きくなる。

 

本来足裏には「バネ」の役目があります。ところがバネとして使っていないのではないか・・・。
ジャンプだと効果はあっても私のように膝の調子が悪い人や体重のある人には負荷がかかりすぎる。
それなら・・・ということで「弾む!踵の上げ下げ」にしてみたところ、これはこれは

「足首を細くする!」

のにも最適だったんです。

足首を細くする理論もまたの機会に説明しますね。

ただし、自己責任で無理のないところから始めるように。それだけはお願いいたします。

 

やり方

①よろけないように、手でどこかを軽く持って支えましょう。

②姿勢は顔を上げて前かがみにならないようにしましょう。

③ボールが弾むように「ビヨ~ンビヨ~ンビヨ~ン」とかかとは必ず床につき、しっかりとしたつま先立ちになるまで甲を出すようにかかとを上げ下げします。

予想以上の筋肉の動きを感じませんか?かかとを速く上げ下げするという動きとも異なり、片足でやるとなるとハムストリングスやお尻にも効いてくるのがわかるでしょう。

 

ポイントは「足のバンダ」でつま先立ちになること。(⇒ヨガの「足のバンダ」を知っていれば立っているだけで締まります。)

足首が曲がってかま足にならないように、母趾と第2趾の付け根でしっかりまっすぐなつま先立ちになること。(⇒O脚になる理由は持って生まれた足の形も一因です。)

もちろん、足の指は伸ばしたままです。「パー」です。グーチョキパーの「パー」をしている感覚です。

 

足がバネとして動くことを思い出させてくれますよ。

たったこれだけの運動で
足の底屈に必要な筋肉。
足の背屈に必要な筋肉。
足の外反、内反に必要な筋肉などすべてを強化できます。

簡単だからこそちゃんとした形でやって欲しい(O脚の癖、X脚の癖がありますから)。

でもそれよりも大事なのは「続ける事」です。
思い出したら10回ずつ。それを1日に3回。やれたあなたには「足首が細くなる」というおまけつき!

ぜひ!

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。