股関節を外旋させる筋肉②中殿筋と暴飲暴食の後について

「ちょっとそこまで歩くとか、嫌いです」

 

500メートル先のジムに行くのにもタクシーに乗車し、1分で下車。

「日々の努力よりも1回の科学技術」

 

ジムに着くと、体に巻くだけで筋肉運動をさせる機械を装着する。
まったく運動はしない。夕食だけで4000カロリーを超えるなど暴食ぶりも明らかになったフォーリンラブのバービーちゃん。

自宅で自ら足のマッサージをするなど、体のケアをしているというが、

医師団の診察の結果、

静脈にある血液の逆流を防ぐ弁が壊れていることが判明し、

血液の逆流が認められた。(⇒)

 

TBSの番組内での驚きの結果です。

1回の科学技術も魅力的です。

でも結局は日々の少しの努力がやっぱり大事。
続けるということが大切なのは分かっているのだけど、答えがでないとあせったり。
日々がただ過ぎて自己嫌悪に陥ったり。
スピリチャルにはまって元気になっても(それはそれでいいことです)、からだのラインまでは変えてくれない。

運動はしておいた方がいい。これは間違いがないことです。

 

そういえば、こういう知り合いがいたことを思い出しました。
数年、運転手さん付きの生活をしていた人です。
ある日なんでもない道で転ぶようになっていました。
そしてその数年後に脚を骨折したと聞きました。

動かさないと筋肉は弱ります。

 

腹筋をしているというのに腹筋を使っていない人がいるのです。
脚を上げるのに非効率的に上げている人がいるのです。
健康のために走っているのに体を痛めている人がいるのです。
水を飲みすぎて体を壊している人がいるのです。

わたしは最小限の努力で(ずぼらだなあ)でも的確にやりたい。

「そもそも体はどうやって動かすのが正しいのか」そしてそれはなぜなのか。

痛い痛いと思っていたのに体の動かし方を変えるだけで痛みが出ないなんてことはざらにあることを知ってもらいたい。

 

食べた物がすぐに体脂肪になるわけではない

バービーちゃん。それにしても食事の量だけでももうちょっと抑えられなかったのかな。ストレスがあるのかなと心配してしまいました。

暴飲暴食のあとの体重増加は水分が原因です。

摂取された糖は肝臓でグリコーゲンに変えられて貯蔵され、さらに分解され、筋肉などに移動してエネルギー源として働きます。

さらに酸や酵素によって分解するとグルコースになるのですが、このグルコース、水に溶けやすいのです。

また難しい話になってしまいそうなのですが、

中医学では体に「湿」がたまることを嫌がります。糖質を大量に摂取すると「湿」がたまり「冷え」も起きるのです。そしてからだは「不調」となります。

 

これを西洋医学的にいうと

グルコース過剰摂取
  ↓
グルコース消化のためにビタミンB大量消費
  ↓
赤血球不足
  ↓
冷え回復が遅れる

 

そして、グルコース水和物というものは人工的に作られていて、甘味料として菓子・清涼飲料水・合成酒にも使われているので、知らないで過剰摂取していると体の中は「湿」だらけ。体重もすぐにはねあがります。

 

食事をとると食べたものは体内で消化吸収され、その後エネルギー源(糖質)として肝臓に貯蓄されますが、それらが消費されないまま蓄えられていると、余った糖質は体脂肪に変換されて保存されます。

 

「食べすぎたかも……」と感じた時には、食べたものが糖質として蓄えられている間に、積極的にエネルギー源として消費してしまうこと、つまり、運動することが大切なのです。

脂肪(体脂肪)を燃焼させるのは、糖質を燃焼させるよりも「時間がかかる」ということをお忘れなく。

 

股関節を外旋させる筋肉
②中殿筋

 

また出てきました。中殿筋です。
(⇒股関節を屈曲させる筋肉⑦中殿筋⑧小殿筋)

(⇒股関節を外転させる筋肉①中殿筋②小殿筋)

股関節の外転に伴う股関節の外旋(後部繊維)、屈曲にも働きますが

この中殿筋は股関節を[外転]させる、[内旋]させる筋肉の筆頭です。

この筋肉は小殿筋とともに「あしを横に踏み出す、歩く」という動きに不可欠です。

そして直立の時には骨盤を支えています。

 

実は、股関節を動かす筋肉の中で、一番使われているのがこの「中殿筋」です。

 

 

大殿筋・中殿筋・小殿筋の位置

 

こうやって見てみると

お尻の形を作っているのは大殿筋ですね。

しかしその下にある中殿筋そしてともに働く小殿筋が股関節を動かす「要」となります

直立して歩行するためには、この「中殿筋」を鍛えましょう。

そしていつまでもかっこいい、垂れないがお尻を作っていきましょう。

効率のいい運動の仕方も書いていきますね。YouTubeでも。先に知りたい方は一度お越しください。

 

参考になったら嬉しいです♡

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。