【検証】空腹時に慢性的な痛みは感じなくなるのか?

感じなくなった。

前回の「【検証】運動前後の体にアミノ酸は必要か?」の記事でアミノ酸を摂取しておくと、からだがとても楽になることを書きました。

しかしですよ。

損傷してしまった筋肉には痛みがわいてきます。原因がある慢性痛です。

 

原因がない、あるいは完治したのに痛む慢性痛にはこちら

特に原因がないのになぜか体が痛む・・・そんな痛みが3ヶ月以上続くケースを“慢性痛”と呼んでいます。実は今“慢性痛”で悩む人は増え続けていて、日本だけでも2300万人以上いるそうです。病院で診察を受けても薬を毎日飲んでも一向に痛みが改善しない・・・そんなやっかいな痛みに対して今「脳」に直接働きかけることで改善に導く方法が大きな成果をあげています。出典 ガッテン

 

するとこんな情報が入ってきました。

 

空腹には慢性的な痛みを抑える効果があると研究家が指摘

激しい運動により筋肉の炎症を起こした時やケガをした時など、完治するまでの間、慢性的な痛みを伴うことがあります。通常、このような痛みを抱えているときは、痛み止めの薬を飲んだり、湿布を貼ったりして、痛みに対処するものです。ペンシルバニア大学のアンバー・アルハデフ氏らによると、空腹時であれば、ケガや炎症などによる慢性的な痛みを感じなくなることが、マウスの実験で示されたそうです。

 

まさしく私の状態です。

 

アルハデフ氏らの研究チームは、24時間エサを与えられなかったマウスが、空腹時に感じる痛みに対して、どのように反応するか実験を行いました。すると、空腹のマウスは、定期的に食事を与えられているマウスと比較して、慢性疾患やケガによって感じる炎症痛をほとんど感じないことがわかりました。対照的に、熱を加えたり、力を加えたりする直接的な痛みには反応したとのことです。

 

慢性的な痛みの場合のみ痛みを感じなくなるらしい。

 

「お腹すいたよ~」「食事が必要だよ~」を脳に伝えるために起きていることが、炎症の痛みを感じる信号を抑制し、鎮痛効果をもたらしていることが確認されたとか。

 

それではやってみよう。

 

痛みより「お腹すいたなあ・・・」にどうしても意識がいく。

この記事を書いている今現在、実は相当お腹がすいているので試しにいろいろやってみた。

前にご紹介したボリウッドの動きをやってみたくて

⇒Bhangra Empire – Shape of You Freestyle

 

ジャンプジャンプ。お腹がすいた。

スクワットを深くやってみる。お腹がすいた。

痛みが薄れるのです。

 

野生の動物がケガなどで痛みを抱えていたとしても、生きるために食べ物を探すときは、炎症痛を克服するというメカニズムを持っている。動物たちにとっては理にかなったものなのです。

 

 

 

いいことはまだあります。

食事を摂らないと余計な塩分も入ってこない、糖質で余計な水分も抱き込まないので、体内に漏れ出した水分で患部が圧迫されないから痛くない。

食べるときはしっかり栄養を摂るようにガンガン食べるのに痩せた。これはいい。

痩せると膝は間違いなく痛みが減る。

 

するとまたこんな記事が。

 

24時間絶食で腸の幹細胞の再生能力が向上することがマウス実験で判明(米研究) 

 

「絶食は腸に多くの効果を及ぼします。再生能力を高めますし、感染症や癌のような腸を侵すあらゆる病気に利用できる可能性もあります」と米マサチューセッツ工科大学のオメル・イルマズ(博士は話す。

「絶食によって、腸幹細胞の代謝が炭水化物の利用から脂肪の燃焼に切り替わるという証拠が得られました」と研究メンバーの1人であるデビッド・サバティーニ教授は説明する。

「こうした細胞を脂肪酸酸化に切り替えることで、その機能が大幅に高まります。この経路による薬理学的ターゲティングを用いれば、年齢に関連する病気の組織恒常性を改善する治療を行えるかもしれません」

 

年齢とともに再生能力が低下する腸幹細胞だが、餌を与えられなかったマウスの幹細胞は再生能力が2倍になっていることが分かったそうです。

 

ちなみに私は完璧な24時間の絶食をしたわけではありません。

アミノ酸のタブレットや鉄分を補給しつつの空腹づくりですが動きやすくなりました。

 

「痛み」はなんだか嫌なものですが、空腹も大事な要因だったのですね。

 

痛くなるかもしれない、そんな「予備軍」はからだに歪みがある人です。

外反母趾、O脚、反り腰、猫背はあなどれませんよ。気をつけて。

 

参考になったら嬉しいです♫

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。