恐竜の足とハイヒール!

男性の6割、女性の8割は「浮き指」になっているという。
ハイヒールは「浮き指」の原因ではないですよ。
出演者みんなにハイヒールを履かせた動画です。

 

現在「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が上映されています。

すると、なんと出演者全員にハイヒールを履かせてしまったという動画が出てきました!

カラパイアでも紹介されたimugerでの記事です。

 

恐竜たちもハイヒールを履いている!

笑える!

 

前作の映画「ジュラシック・ワールド」でパークの運営責任者のクレア・ディアリング(ブライス・ダラス・ハワード)は仕事をバリバリこなす女性。訪ねてきた甥っ子たちに構う暇もないほど多忙でした。

 

前作での主人公クレアのハイヒール姿に驚きました。

 

「うわぁ、、、、」

 

これから起こりそうな事を想像しつつ、その間もずっとハイヒールなのかなあ・・・それは大変だ!

 

 

と思ったのは私だけ?

 

そのことについて、主演のクリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードへのインタビューで答えていました。

 

 

「その気持ちはよくわかります」

その言葉で、ヒールのお悩みが全世界的なものであることがわかる!
耐震マットを加工したいのですが。
誰かのってくれる人はいないのだろうかと・・・

 

 

 

 

 

 

ここで思いだしたのは、進化の歴史についてです。

 

 

恐竜の足って?

なんだかハイヒールを履いているみたいな足だと思いませんか?

 

T-rex(ティラノサウルス・レックス:恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間生態系の頂点に君臨する)などの恐竜の絶滅については諸説があります。

ところが最近では研究が進み、多くの科学者が「現代の鳥は生ける恐竜だ」と考えるようになりました。

だから恐竜は絶滅していないのだということ。

恐竜にも種類があり、始祖鳥より進化した恐竜を「鳥類」と呼ぶのだそうです。

 

なんと身近に恐竜がいるのですね。それもかわいらしい恐竜が。

 

「ジュラシック・パーク」での会話

 ”恐竜は爬虫類より鳥類に近い生き物だった
  鳥のように恥骨は後ろに曲がり脊椎には気嚢(きのう:鳥類が備えている呼吸器官)や空洞がたくさんある”

 ”本を読んだよ”
 ”そりゃどうも”
 ”本当に恐竜は鳥に進化したの?”
 ”鳥に進化した恐竜もある”
 ”鳥には似てない
  隕石がメキシコのどこかに落ちてクレーターを作ったって話を?
  その隕石が熱を発して気候が変化を起こし恐竜が絶滅したって説が科学雑誌に・・・”

 

この会話の中でも鳥類に近いと話していますね。

足も似ています。

踵を上げているので、ハイヒールを履いているみたいに見えてしまいます。

だからあの動画ができたのでしょうか?

いや、男性にも子供にも蚊にも履かせているので、それはちがうかな。

 

 

この足の形も進化して、このように変わっていきます。

 

 

ヒトでいう踵(かかと)に見える第1趾の向きが、ニワトリになってから逆転しています。

つかむようになっています。

そして鳥は、止まり木に乗る時にかかとを屈曲させると、自動的に指が木をにぎるので、あえて強く筋収縮を行わなくても、睡眠中に落ちることはありません。

 

 

 

ヒトの祖先

調べてみると、ヒトの祖先に「鳥類」の存在があることを否定できないのです。

だから本来ヒトも足裏はこうやってつかんでいるのでは?と私は考えています。(ヒトの場合は踵と足趾で)

 

それがヨガでいう足のバンダ。
それが足裏のアーチ。

 

浮き指が増えているのはこの力が弱って足趾を地面に押さえられないからです。
足趾を曲げてしまうとこの足裏のアーチはできません。

ヒトの場合はかかとのある足首を、背屈させたり、屈曲させたりしないと足裏の筋肉は収縮しない、使われないと私は考えています。

鳥類とヒトの足について、つながりがないか調べていたのですが、恐竜とハイヒールで書くことができて嬉しい♡

おまけにロケ地に行ってきたばかりでした。

一度行ってみたかったところです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。