基本中の基本!の正しい姿勢

正しい姿勢

正しい姿勢2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳の穴、肩、腰、大転子、膝横、くるぶしが一直線になっている。

壁に後頭部とかかとをつけ、肩をしっかり開き一直線になるようにがんばって立った時背中に開いた隙間が手のひら一枚分の厚みならちょうどいいのです。
もしそれ以上に開いていたら一歩前に出ると たちまち猫背になったりもともとの腰椎が 過前弯 かもしれません。

腹筋力がない人もお腹をつきだしてしまいます。

脚もまっすぐにならない人もいます。

でもこれらも 一応の目安です。動きの中でとらえていく必要があります。
問題なのはそのいいとされる姿勢に一瞬でさえできない筋力。あるいは硬さです。

よい姿勢を維持できない。

正しい姿勢をつくれても 維持できない。動かせない。
ストレッチが出来ても筋力がない。こういう人が増えています。

 

ところで頭って何キログラム?

linecamera_shareimage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
だいたい頭は6~8キログラムです。体重の約15パーセントともいわれています。
6キログラムだとしたら1.5リットルが約4本分になるわけです。

 

頭は重い。

案外頭は重いという事を意識しておく方が筋肉の負担を分散させる方法につながるのでは?
「は~6kgですか。」と言葉で理解するより実際持ってもらうととてもびっくりされる。

重いです。これがいつも乗っかっている。

よい姿勢でないという事は、どこかの筋肉をきっと酷使しているわけだし、さぼり続けている筋肉をボケさせてしまってる。

早めに変えていけたなら 神経の伝達にも影響があるのは間違いないしきっと誰よりも若くいられる・・・と筆者は思っています。