体調や身体の異変は皮膚を見ればわかる

c54c4ef8661b704327ed05893b18cece_s

皮膚

人間の体の内と外を分けているのは皮膚です。

皮膚は脆弱なものですが外の環境から内の環境を守る衣の役割を果たしています。
同時に皮膚には 湿疹や吹き出物、発赤、変色などによって 体内の様々な情報を映し出します。
私たちはそれらの体表に現れた情報から体調や身体の異変察知することができるわけです。

また一方で 私たちは温度や湿度など体外の環境の変化を体の最前線で感知し、皮膚はその情報を脳に知らせるという役割も担っています。

中医学では、このような体表の持つ特異性を2000年以上前に認識していたわけです。
病邪が皮膚を介して体内に侵入する。体内の病の状態が皮膚に何らかのサインを出す

だから皮膚を押したり、撫でたり、叩いたりすることが、心身の心地よさに繋がることも認識するようになったわけです。この皮膚の特性に注目し、さらに体内と皮膚との関係に一定の法則があることを見い出し、それを医学としてまとめたのが

中医学でいう経絡経穴学説です。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。