バレーボールのぺっこり病も神経障害です

ファイル 2016-01-14 14 33 41

肩が痛い時、
まず先に40肩や50肩を思い浮かべると思います。

私の場合をもとに いろいろ書いてきたのですが

姿勢が悪くなって
肩が内旋(巻き肩)して
筋肉が弱化してきてるのに
無理な動きをして

痛みが出てきてしまった。

そういう方がほとんどです。
動きのにぶ~い筋肉にはさまれてしまった神経。

なんだか想像しただけでも
神経の伝達はうまくはなさそうです。

だから神経が通りやすいように広げてあげないと。
広げた状態を維持できる筋肉を作ってあげいと。

動かすことで
組織内の酸素も血液も流れやすくなる。

流れると末端まであたたまる。
体温が上がる。
免疫力があがる。

若くなる。

ということになりますね。

もうひとつ、肩の痛みで考えられる神経絞扼があります。

肩甲上神経障害

バレーボール選手に多いと言われるのが
肩甲上神経障害です。

ファイル 2016-01-14 14 48 36

棘上筋は棘下筋の上側です。
頸椎から出てきた神経根が
いろいろに分かれながら
肩甲上神経になっていくのですが
棘上筋、棘下筋の下を通っていきます。

バレーボールなどでの日常的でない動きや
強い動きが続くと神経が圧迫されて、

棘下筋が萎縮し、ぺっこりとへこんでしまうので
「ぺっこり病」と言われています。

スパイクを打つ方の肩の筋肉(棘下筋)が
逆の肩の筋肉 よりも劣ってしまうのです。
そして萎縮が起こりやすくなります。

「あれ?」

スパイクを打つ方だから逆の肩よりも
強くなるように思いますが、実際はちがうのですね。

これには肩甲骨の位置が関係してきます。

これはバレーボール選手だけのことかと思いきや
どうやら普通の私たちにもかかわることでした。

次回に。

ありがとうございます!