いろんな「気」があります。

気化、気温、気重(きおも)、気概、呆気、意気、一気、
嫌気(いやき)、嫌気(いやけ)、幼気(いたいけ)、
色気、陰気、内気、英気、鋭気、怖気(おじけ)、快気、
男気、女気、堅気、気質(かたぎ)、気質(きしつ)、
勝気、活気、客気、脚気、寒気、換気、金気(かなけ)

気合、気圧、天気、気宇、気運、気鋭、気炎、気焔、
気軽、気管、気球、気胸、気位、気候、気功、
気孔、気心、気骨、気障(きざ)、気象、気性、
気丈、気色、気随、気勢、気絶、気体、気付、気転、気長、

気迫、気魄(きはく)、気早、気品、気風、気分、気前、
気味、気密、気脈、気持、吸気、狂気、侠気、気弱、気楽、
気流、気力、空気、景気、気色(けしき)、血気、
健気(けなげ)、気配、元気、語気、才気、産気、塩気、

士気、志気、磁気、湿気、湿気(しっけ)、邪気、臭気、
酒気、正気(しょうき・せいき)、笑気、蒸気、上気、
暑気、心気、神気、水気(すいき・みずけ)、生気、精気、
節気、俗気、損気、大気、惰気(だき)、短気、暖気、稚気、

中気、通気、強気、電気、怒気、毒気(どっき・どくけ)、
人気(にんき・ひとけ)、熱気、眠気、惚気、排気、覇気、
病気、平気、本気、勇気、湯気、陽気、妖気、欲気、弱気、
涼気、冷気、霊気、若気、和気、悪気、悋気。

気」を国語辞書で調べると

1 生命・意識・心などの状態や働き。

 ㋐息。呼吸。「―が詰まりそうな部屋」
㋑意識。「―を失う」
㋒物事に反応する心の働き。「―を静める」
㋓精神の傾向。気質。「―が強い」
㋔精神の盛り上がり。気勢。「復興の―がみなぎる」
㋕気分。気持ち。「―が楽だ」「―が乗らない」
㋖あれこれ考える心の動き。心遣い。心配。
「どうにも―になる」
㋗物事にひきつけられたり、人を恋い慕ったりする気持ち。
興味。関心。「彼女に―がある」
㋘何かをしようとする、また何かしたいと思う心の動き。
つもり。  「どうする―だ」「やる―がある」

2 天地に生じる自然現象。
空気・大気や、水蒸気などの気体。

 「山の―」

3 あたりに漂う雰囲気。
心に感じる周囲のようす。

「陰鬱(いんうつ)な―が漂う」

4 ある物がもっている特有の香りや風味。

 「―の抜けたビール」

5 昔、中国で1年を24分した一つの、15日間。

さらに3分した一つを 候といい、気は3候からなる。
節気。

中医学では精気学説のところでも書いたように
「全てのものは気からできている」と考えています。

「気」はまだ今の現代科学をもってしても見ることが
できません。数値化できる計算手段も今のところないです。

そのため、現代医学では重要視されていませんが
中医学では非常に重要なものです。

「気」とは見えないけれど実体のある物。
この「気」がなければ血、津液も動かせないのです。

これだけたくさんの言葉があるということは

見えないけれど確かにあるもの。

何をするにしても
「気」がはいっていないとね~
うまくいかないな~

なんて思う毎日です。