東洋医学と中医学

手太陰肺経

「東洋医学」というより「漢方」というほうが
日本では馴染み深くそれらが同じものと
捉えている人も多いようです。

しかし、
中医学と漢方は同一ではありません。
同じ解釈をする人もいますが
中国人の専門家からすると驚くような
日本独特の漢方も存在するし独特の解釈も
あるのです。

授業でもよくその話になりました。
「日本ではこうだけど 違うよ~。」
「それ、間違いだよ~。」

中国人の先生からは違和感がおおあり。
どうやら歴史の流れに関係があるようです。

6C半ば 飛鳥から奈良時代にまず
鍼治療の方法が中国から持ち込まれたのが最初です。

その後遣隋使や遣唐使によって医書や漢方薬
が伝えられ平安時代には日本に根付きます。

漢方と呼ぶのは中医学の原典「黄帝内経」などが
記され成立したのが漢の時代だからです。

どんどん日本人の漢方医師が増えますね。

ということは、彼らによる医書も出されます。
基礎理論が省略され実践本が多くなります。
(中医学は哲学です。学説の集まりです。)

鎖国により独自の医学が生まれる

江戸時代になると鎖国です。
漢方は日本独自の道をたどります。

江戸の中期、唯一の交易国オランダから
「蘭学」がもたらされ
漢方は脇へと追いやられ
明治維新によって新しい医療制度となり
漢方の医師や鍼灸師は外されてしまいます。

現代医学で治療の範疇に入りにくい症状を
得意とする民間療法という
位置づけになってしまいました。
同じ名称の薬でも中国とは効能が違う
日本漢方があったり、
漢方といえば「慢性病専門」という
イメージになりがちなのは
こういった背景のせいです。

第2次世界大戦後 中国との国交回復により
本来の中医学の知識も入ってきたのですが
中医の理論より現代医学に合わせて漢方が
使われるために 副作用の問題を
抱えているようです。

現在は
中医学をきちんと学ぶもの
漢方薬や鍼灸を現代医学に利用するもの
日本漢方を固持するもの
とわかれてきているようです。

中医学は「細かく詳しく分類している」

中医学は症状、問診、判断のデータの宝庫です。
風邪をひいたから しょうがを・・・ ではなく
風邪の症状として冷えがくるのであれば
しょうがを
熱がこもるのであれば・・・・

というように非常に細かく診るのです。
食物の性味も分けるのです。
暑い国のフルーツを冬に体にいいからと
食べていると間違いなく冷えます。

西洋医学の分野で中医学の知識が使われる

参考になることがたくさんあり、
今現在、中医学の知識が西洋医学で使われることが
多くなってきているのです。