膝関節を内旋させる筋肉(Ⅹ脚が弱いところ)

ガニ股になって膝がくっつかなくなるかも。
それとも骨盤前傾がひどくなり、腹筋の使い方さえわからなくなる!?
股関節の伸展もここが重要。

 

 

半膜様筋、半腱様筋とくればこれは内側ハムストリングスです。

そして

半腱様筋、薄筋、縫工筋の三つの筋腱はガチョウの足のような形で下腿にある脛骨に停止しています。だからここを鵞足(がそく)と呼びます。(⇒股関節を伸展させる筋肉③半腱様筋と鵞足)

縫工筋は人体の中で最も長い筋肉と言われています。

付いているところはこの鵞足部分が停止で、始まりが腸骨(骨盤の上の方)。

股関節と膝関節を曲げることが大得意な縫工筋。

収縮すると曲がったままということになるわけです。

おまけに骨盤まで引っ張って、骨盤が前傾してしまいます。(⇒股関節を屈曲させる筋肉③縫工筋)

 

Ⅹ脚気味の方はある運動を嫌がります。ところがO脚にとっては何でもない運動なのです。

 

 

動かしやすさ、動かしにくさ。「個体差」がある。

それは本来の骨格や筋肉の質といった遺伝的要素が考えられるのはもちろんなのですが、

後天的に動かすか動かさないかでその人の体の可動域は大いに変わります。

 

「個体差」があるということ。

だから「栄養をバランスよく」というのも間違いかもしれません。

・「栄養のバランスが大切」というウソ

・「一日30品目を食べましょう」のウソ

・ビタミンの必要量も、かなりの個人差がある

・まず、自分の弱点を知ること

・「バターやラードは体に悪い」のウソ

・「卵はコレステロールの元」というウソ

・タンパク質の補給は昼よりも夜

・無農薬野菜には発ガン性の危険あり

・有機野菜は寄生虫の温床

・玄米食は貧血を促す

・「スポーツで体が若返る」のウソ

・医学で病気は予防できない・・・

「医学常識はウソだらけ」三石 巌著

これは初版が平成21年(2009年)です。今ようやく覆されニュースになったことがこの時点で書かれています。

ちゃんと理由を知りたい人にとっては

読んで得することが多いのではないでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。