【YouTube】ちょこっと『ひとりジム』でもOK!人をグイグイ抜ける歩くトレーニング!「この瞬間」を鍛える!

目次

「逃げる」「速く歩く」ために必要な体の動き

この瞬間があれば人をグイグイ追い抜いていけます。
つま先が上がってます。
かかとが上がっています。
ということは
・かかとの上げ下げの運動
・つま先立ち

は必要だな・・・と思ってもらってとりあえず正解です。

効果の上がらない人

「甲」をしっかり上げていません。
うっすらかかとが浮いた状態で終わっています。

問題なのは「それでいい」と思っていることです。

だからいつまでたっても筋肉が育たないのだということを知る必要があるのです。
「エッ?ここまでやるの?」
この言葉を何度聞いたことでしょう。
運動嫌いで今まであまり体を鍛えてこなかったという人の場合はこんな感じです。
「だってしんどいのは嫌なんだもの。」
だから呼吸器系が弱るのです。

もし親がこのタイプだったら・・・
介護は早く来ると思っていた方がいい。

分かれば体づくりの楽しさを感じてもらえます。

かかとの上げ下げ

これをやって鍛えられるのはふくらはぎの筋肉です。
足の関節を底屈させたり背屈させたりするのは下腿にある筋肉です。

段差のある所ならどこででもできますよね。
注意してほしいことがあります。

下腿にある筋肉

つま先を上げる筋肉は下腿の「すね」部分です。
前かがみになっていると張ってくるところ。

つま先を下げるということはかかとを上げるということ。
その動きをする筋肉はふくらはぎと下腿の内側にあり
これらが土踏まずを上げる筋肉になるはずなのです。

かかとの上げ下げ運動をしているのにかえって
・ふくらはぎが太くなり
・外反母趾がひどくなった

という人は
ひざを過伸展させる癖があるか、足を回内させる癖があると思います。
それともう一つ
足指裏で押すという感覚が足りない

私が悩んできたことであり
誰も教えてくれなかったことです。

外反母趾予防 外反母趾ならなおさら

足が回内したままつま先立ちの練習やかかとの上げ下げをしていると外反母趾になる確率が高い。
もちろん回内していても外反母趾にならない人もいます。
それは足自体の形にも理由はあります。
関節や筋肉が柔らかい人がひねってしまうことも原因の一つになります。
なんにせよ、グダグダ言って何もやらないという人が一番問題なので
外反母趾で母趾の付け根が痛い人は
第4、5趾側でだけで立つくらいの気持ちで鍛えましょう。
正しい動きを知っていないとそもそも正すことができないのですから土踏まずがなぜ必要なのかなども次の記事を参考にしてみてくださいね。

ちょこっとひとりジムでやるならトレッドミル

チョコザップなどひとりでジムに向かうのはとてもいいことだと思います。
なぜならお友達といくとおしゃべりに夢中になってしまう人が多いからです。
現に社交場と化している話を本当によく聞くからです。
それでは真剣に自分の体とは向き合えないです。
何はともあれ
ただいつもの歩き方をするのではなく
少し変えてみる・・・
から始めてみてください。速く逃げられる準備ですよ。
ボケる前にやらないと。本当に心配しちゃう・・・。

お読みいただきありがとうございました。
続きの説明は次回に。


ご予約はこちら

ご予約、お問い合わせはお電話、下記メールアドレスにて承っております。初来院される方は必ず初診を受けていただきます。

営業時間:10:00~19:00(受付は17:30まで)
定休日:火曜日

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次