ご相談のメールをシェアします

今朝届いたメールです。

返信内容は

こんにちは😃
今週月曜日から、歩くときに、少し左足付け根あたりの、縦の筋のようなところか、痛くなり、足をあげる動作は結構痛いです。
手で押しても痛いです。
縫工筋ですね。この筋肉は主に股関節を曲げる、膝を曲げるといった事によく使われるのですが、
腹筋によって骨盤が後傾している時によく働くのですが
ヒールのあるブーツで骨盤がいつもより前傾した状態で走るという事は、かなり負担がかかっただろうなあと
思えるわけです。
そしてこの筋肉は膝下の方で他2つの筋肉と一緒になって止まっているので痛みも出やすいです。
これだけでは、判断できないとは、思いますが、なにが考えられますか?
土曜に仕事で、ヒールのあるブーツ で結構走り回りましたが、関係あるかもしれません。
多分無理をして負荷がかかった状態が続いたのだとおもいます。という事は反対側の右側があまり働いていなかったとも考えられるので、そちらを意識して動かすようにしてみて下さい。怖いものではありませんから。
人体の中で最も長い筋肉で硬くなっている人が多いです。無理やり使って疲弊している状態なので、タンパク質をよく摂取しておいて下さいね。筋肉のエサです。時間はかかりますが回復します。
それより左側ということで、体の癖をしっかり治しましょう。もしかすると今ここで右側を使うことがプラスになるかもしれません。
様子を見て痛いようなら氷水で冷やすのがいいですが、寒いなら無理しなくていいですよ。
お大事にして下さいね。
また何かあれば連絡下さい!高田
このように返信しました。
実際にはまだいろんなことが考えられますが、お仕事の内容もご性格も存じ上げているので、とにかく安心することが大事です。
最近私も大好きだったアイドルの方のご病気のニュースが流れました。
症状を安易に考えてはいけない・・・これは戒めとしていつも心にあります。
が、この方のように、
もともとO脚の癖がある
骨盤の向き
走り回った
ヒール
足の形と動き
そして年齢
などを鑑みるとちゃんと理由があるので安心していただくことができます。
もしここで「しこりがある」「ひきつりがある」「しびれが止まらない」「激しい痛み」「眠れない」などといった言葉が出てくると要注意となり、私は病院で検査を受けることをおすすめします。
しかし病院で検査を受けても何もどこも悪くなかった・・・という場合はまた「出番が来た」と思っています。

縫工筋

これです。
あぐらをかいた時にピーンとはって見える筋です。
骨盤前傾タイプの人はこの筋肉が収縮している場合があります。
寝ていて、股は軽く開くのに、そのまま膝を伸ばせない。
そう。膝が曲がっていると股はよく開く。あぐらが得意ってことになりますね。いろんなパターンはあります。
縫工筋は股関節の屈曲と膝関節の屈曲に関わるのですが、この2つの動きが同時に生じる場合は、実は縫工筋の働きは弱くなります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。