ハイヒールを履かなきゃいけない!

2015-01-14 14.21.57

 

 

 

 

 

ハイヒールとまではいかなくても やはりヒールがなくては。
という方がいらっしゃいます。
先生・講師
政治家
モデル、芸能人
接客業
社長
経営者・・・

人の前に出るお仕事です。

なんでハイヒール?

「きれいに見えるから」

この一語につきます。

くわしくいうと

スタイルが良く見える。
顔が小さく見える。
脚が長く見える。
ファッションが映える。
背が高く見える。

ひとは美しい人と仕事がしたいと思うそうです。

少しでもきれいに見せることができたら
それはきっと
仕事の成果にもつながるでしょう。

こんなに利点がたくさんあるのだけれど
履くのがつらい。

理由は「痛い」からじゃないですか?

大事な会議中で
プレゼンの最中で
講座の途中で
ランウエイで
部下に指導している途中で
仕事で急がなきゃいけない移動中に
やっとできたデート中に

頭の中の半分は「足が痛い」と思ってる。

世の中は ハイヒールは足に悪いから「履くな」といいます。
正しいと思います。
足どころか体にも悪い時があるんだから。

でも、女性はそれでも履くのではないでしょうか?
履けるものならいつまでも履きたいと。

筋肉をつけてからとか
ウォーキングを練習してからとかだと
もう時間がないという方。
先に楽に履けるようになりたいという方。
悪い所があっても改善しながら履きたいという方。
ハイヒールの良い所も悪い所もわかって
ちゃんと履いてみたいという方。
〇〇さんには負けたくない!という方。
これからどんどん世の中に出ていきたいという方。

治療家である私が、
ふとしたことで 楽に履けることを思いついたメソッドです。

足が痛くならなければハイヒールも履くのに・・・
というのが本音ではないでしょうか?
でもあきらめるには まだ早いですよ。

まだまだ体は作れるんだから。