不定愁訴・自律神経失調症

女性自律神経とは

血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く
組織に分布する神経系のことです。

呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、交互に作用します。

何らかの原因により、切り替えがうまくいかない状態を、自律神経失調症と言います。

症状は?

「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、
かつ顕著な精神障害のないもの」

いろんな症状がでるのに、検査をしても悪い所が見当たらないので本人も不安になります。

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、
「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、
何となく体調が悪いという自覚症状を訴えても、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を
指します。症状が安定しないため治療も難しく、周囲の理解も得られにくいので辛いです。

自律神経失調症チェック

〇めまいや耳鳴りのするときが多い。
〇立ちくらみをよく起こす。
〇胸が締め付けられる感じがする。
〇心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
〇息苦しくなるときがある。
〇夏でも手足か冷えるときがある。
〇胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
〇よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
〇肩こりや腰痛がなかなか治らない。
〇手足がダルイ時が多い。
〇顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
〇朝、起きる時に疲労を感じる。
〇気候の変化に弱い。
〇やけにまぶしく感じる時がある。
〇寝ても寝ても寝たりない。
〇怖い夢をよく見る、または金縛りにあう。
〇風邪でもないのに咳がよく出る。
〇食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。

該当する数が多いほど要注意です。ちょっと疲れてきていませんか?

原因はさまざまです

女性ホルモンの影響
生活リズムの乱れ
過度な過労、ストレス
薬物やアルコールの過剰摂取
遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている
抗精神病薬や抗不安薬などの副作用
体質と性格

治療

自律神経が乱れる原因を探り、改善していきます。
痛みに対しては、投薬などの対症療法を行いつつ、カウンセリングを中心とした診察と、
生活習慣の見直しを行います。
まず内科で次に心療内科や神経科に通院する場合が多いようです。
治療には抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法や、睡眠の周期を整える行動療法なども。
最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もあります。

西洋医学だけでなく、鍼灸・整体・カイロプラクティック・カウンセリングなども有効とされています。

漢方薬での症状緩和も実証されています。

気功カイロ施術院では

当院に来院される患者さんでも不定愁訴、あるいは病院で自律神経失調症と診断された
という方はとても多いです。

体が痛いのに、どこの病院でも異常がみつからず、精神的なものだと薬を処方されてとまどって
いらっしゃる方。痛いのであれば湿布と電気治療という処置で、納得のいかない方など様々です。

そういった患者さんのほとんどが、からだが固く歪んでいます。
そして、ほとんどの患者さんが猫背で姿勢が悪いのです。
6~8kgという重い頭を支えるだけでも大変なのに、前かがみの姿勢が続くと
首はストレートネックになってしまいます。

このような状態だと胸郭も狭まり、精神的にも不安定になってきます。
気落ちしたときの姿勢を思い出してください。
猫背で肩が丸まって、肺に圧迫をかける姿勢は間違いなく免疫力が落ちます。

歪んで固まった姿勢は痛みを作り上げます。(正しい場所に筋骨格神経がないので)
痛みは痛みを呼び、さらに痛みに敏感になってしまうのです。

体の歪みという大きな原因は病院では診てくれません。

自律神経失調症は心の要因も大きな理由です。
当院では性格をかなり重視しています。最大限考慮して「歪み」に前向きになってもらおうと
段階をふんだトレーニングをいっしょに納得いくまでやります。矯正も行います。
筋膜をリリースするほかに経絡の観点での処置もからだにとって心地よいはずです。
体の要因の一つである「歪み」を取り除き
呼吸が楽な姿勢になると、気持ちもだいぶ楽になってくると思います。

他の病気が隠れているのではないかと判断した場合、病院での精密な検査をおすすめしています。
おすすめした患者さんの中に、脳腫瘍だったことがありました。意外に本人は大ごとだと思わないものです。