痛みは3つに分けられる(顎関節症、夫源病)

カップル
痛みは短期間の「急性疼痛」と
1~3カ月以上持続する「慢性疼痛」に分類されます。
⇒急性疼痛と慢性疼痛「痛み」「疼痛」といっても、原因や状態によってさまざまです。原因によって大きく3つに分けられていますが
長引く痛みなどでは、複数の原因が重なって起きていることが
多いです。

①炎症や刺激による痛み 

   ケガや火傷をした時の痛みです。
肩関節周囲炎(例五十肩)
腱鞘炎
関節リウマチ
頭痛、歯痛、打撲、切り傷、骨折、火傷

②神経が障害されることで起こる痛み

   何らかの原因により神経が障害され、それによって
起こる痛み
帯状疱疹が治った後の長引く痛み
糖尿病の合併症に伴う痛みやしびれ
坐骨神経痛

脳卒中や脊髄損傷による痛み
絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)

⇒腋窩神経障害
⇒肩甲上神経障害
⇒胸郭出口症候群

③心理・社会的な要因によって起こる痛み

   ②と同様、傷や炎症は見えない
不安や社会生活受けるでストレスなど
心理・社会的な要因で起こる痛み
夫源病、婦源病(ふげんびょう)
線維筋痛症

線維筋痛症の患者さんの9割が顎関節症だというデータも
あります。
この2つはとてもかかわりが強いですよ。

私の診た患者さんでは
顎関節症だと言って来られる方は
ほぼ100%姿勢が悪いです。

そして、
からだが固いです。

もひとつ言うなら
くびを起こす筋力が弱い。

簡単に口を開けられる方法があるのに・・・
お教えすると 大概の方は自信を持たれます。

口があかない→顎関節症か!?

いえいえ、そんなことはない。
口のあけかたが間違っているだけかも。

顎だけ診てもらってもらちがあかないですよ。

夫源病、婦源病

私の診た患者さんは
パニック障害の発作がありました。突然電車に乗れなくなった。
お話を聞いていくうちに
発作の起きる時期がわかってきました。
単身赴任の旦那様の一時帰宅が
わかった頃からです。単身赴任に戻られると
体調が安定する。

「そうなんだ」とご自身で理解されてから
発作はでなくなりました。

心のどこかで感づいていても
自分でも認めたくない。
ひとに知られたくない。
特に真面目な方に多いです。

なんの関係もない他人に聞いてもらうだけで
心は軽くなるし、それは緊張したからだを
ほぐしていくことになります。
自律神経の働きに関わっていくわけです。

いいとか悪いとか、言いませんから。
人生いろいろあるんだから。

こころがからだに表れるのは間違いないので
からだから整えてみませんか?
というのが私のからだづくりです。

ご訪問ありがとうございます!