バレーボールのぺっこり病も神経障害です

バレーボールのぺっこり病も神経障害です

ファイル 2016-01-14 14 33 41

肩が痛い時、まず先に40肩や50肩を思い浮かべると思います。

私の場合をもとに いろいろ書いてきたのですが

姿勢が悪くなって
肩が内旋(巻き肩)して
筋肉が弱化してきてるのに
無理な動きをして

痛みが出てきてしまった。

そういう方がほとんどです。動きのにぶ~い筋肉にはさまれてしまった神経。

なんだか想像しただけでも神経の伝達はうまくはなさそうです。

だから神経が通りやすいように広げてあげないと。
広げた状態を維持できる筋肉を作ってあげいと。

動かすことで組織内の酸素も血液も流れやすくなる。

流れると末端まであたたまる。体温が上がる。免疫力があがる。

若くなる。

ということになりますね。もうひとつ、肩の痛みで考えられる神経絞扼があります。

 

 

肩甲上神経障害

バレーボール選手に多いと言われるのが肩甲上神経障害です。

ファイル 2016-01-14 14 48 36

棘上筋は棘下筋の上側です。頸椎から出てきた神経根がいろいろに分かれながら肩甲上神経になっていくのですが棘上筋、棘下筋の下を通っていきます。

バレーボールなどでの日常的でない動きや、強い動きが続くと神経が圧迫されて、棘下筋が萎縮し、ぺっこりとへこんでしまうので「ぺっこり病」と言われています。

スパイクを打つ方の肩の筋肉(棘下筋)が逆の肩の筋肉 よりも劣ってしまうのです。そして萎縮が起こりやすくなります。

「あれ?」

スパイクを打つ方だから逆の肩よりも強くなるように思いますが、実際はちがうのですね。

これには肩甲骨の位置が関係してきます。

これはバレーボール選手だけのことかと思いきや、一般人にも起こることです

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

Follow me!