骨盤が前傾するのはいいこと?悪いこと?

かかとを床につけたまましゃがめない

前回 バレエダンサーで「しゃがみ込むことができない」ひとがいるわけを書きました。
体の柔らかいバレエダンサーにもその体型によっては不得意になってしまう「しゃがむ」という動作があります。
反張膝の人に多い特徴 の中にも「かかとをつけてしゃがめない」は入っています。
共通にあるのは骨盤が前傾している、あるいは腰椎の前弯が強いということ。

骨盤が前傾しているのはいいことなのか?悪いことなのか?

骨盤前に傾く骨盤前傾

きこうカイロ姿勢図

右から2番目を理想にしている人が多いが間違い

右から2番目の体型を理想にしている人が多いように思います。
骨盤が前に傾くとヒップアップしているように見えます。腰椎の骨を反って作り出す、いわゆる「反り腰」(腰椎過前弯)の人に多い体型です。
しかしヒップの筋肉があるわけではありません。
腹筋力があれば問題はありません。
関節がゆるく腹筋力がないタイプは
後にお腹の肉や腰痛、尿関連で悩みます。

高田祐希

右端は腰の前弯が背中の後弯につながっています。
ひざが過伸展していると問題も大きくなります。
特に首には注意です。
下記を参照してください。

左から2番目はO脚に多い体型

私は左から二番目、「平背姿勢」です。
骨盤は後傾。気を付けていないと腸骨よりも恥骨が前に出る姿勢になります。
そして重心が前になるので、ヒールのある靴を履くと、さらに前につんのめるので足先が痛くなります。
が前に倒れます。私は「絶壁頭」です。うしろに重りがありません。

昔の日本人はお尻が扁平で下がりがちだと言われていました。平背タイプが多かったのだと思います。

首の付け根に肉が付く

お腹を凹ます感覚がない人は
力を入れる時もずっとお腹を前に出す力の入れ方をします。
そうなると骨盤前傾がすすみ、首が立たなくなります。
首を立たせるには骨盤を後傾させる必要があるのです。
骨盤を後傾させられない人は首が立たないので首周りに動きがなく、肉が付き、骨も後ろに出てくるようになります。

くびに肉がつく (2)
首の付け根に肉が付く

首の肉が一番老けて見える

この首につく肉が一番老けて見えてしまうという検証結果があります。
それは骨盤を後傾させられないから。

さらにこんなことが考えられます。

腰が曲がるのではなく股関節が屈曲する

股関節屈曲拘縮
腹筋力のない骨盤前傾の未来

年齢がいくと「腰が曲がる」と言いますが、
実際は腰が曲がるのではなく、股関節が屈曲していくのです。
骨盤前傾、腰椎過前弯していると、股関節に屈曲拘縮が起こりやすいのです。

股関節に屈曲拘縮(曲がったままかたくなってしまう)があると蹴りだしができないので、歩幅がせまくなってしまうのです。
片脚でからだを支えることが難しくなり、そうすると次の脚をすぐに出して歩くようになるので臀筋も弱るという悪循環がやってきます。

骨盤前傾だと股関節が伸展しにくい

かかとをつけて、しゃがみ込むという動きは実は股関節伸展に関わる筋肉が働いています。

骨盤前傾はその形ですでに股関節が屈曲しているわけですから心して股関節を伸展していかないと上の写真のような老人になるというわけです。

高田祐希

骨盤が前傾したままというのは
悪いです。
後傾ができるようにした方がいいのです。

ケンダル姿勢と痛みから

「私のこれまでの経験では、正常な柔軟性を持ち、背部と腹筋の筋力のバランスを保っていて、慢性の腰痛を訴える平背の患者を診たことがない。平背の患者では体の重心線はほぼ正常で、極端な不良姿勢による慢性腰痛をきたすことはない。」

正しい腹筋力をつける

骨盤前傾、腰椎過前弯のひとに足りない筋肉は

「腹筋力]です。

ご予約・お問い合わせ

体のことで気になるところがあれば、
是非一度ご来院ください。

HOT PEPPER Beautyからもご予約可能です

時間:10:00~19:00(受付は17:30まで)
定休日:火曜日