カモシカ脚(あし)はお腹がでる。下半身おデブは胸が小さくお腹はでない。

下半身

おこらないでください。大きく分けて、ですよ。
私は後者でした。
ここでいう「カモシカ脚」は本当のカモシカの脚ではありません。
本当のカモシカの脚は太くて短いですからね。

世間で言われる「カモシカ脚(あし)」細くてしなやかで長くてまっすぐ・・・「セレブ脚(あし)」と言われます

うらやましい。どうやったらあんな脚になるんだろう。細いだけじゃなくて同性から見てもほんとうに魅力的です。

でも、セレブがバカンス中に盗撮されてこっぴどく言われるのはお腹。ビキニからはみでたおにくを指摘される。

あのタイプの方たちは、お腹に肉が付きやすい。

痩せるときも「カモシカ脚」の人は脚からやせて、お腹がねぇと嘆きます。

「下半身おデブ」はお腹はすぐにひっこむのに脚はまったくと言って嘆きます。

 

何がちがうのでしょう。カモシカ脚と下半身おデブ。

遺伝?それもあるでしょう。
でもほとんどが後天的に作られたものです。

私の人生は「足・脚への執着」といっても過言ではない。
だからテレビのダイエット企画などでもまず、脚を見ます。脚の太さ、形、動かし方、足首・・・

いくら全体的に太っていても脚は細いという人が案外多い。O脚も少ない。本当の下半身おデブなんてめったに出てこない。

「なんで?」
「なんでO脚なの?」
「なんで足首がないの?」(足首が太いということ)
「なんでふくらはぎが太いの?」
「なんで太もも の前ばかり張ってるの?」
「なんでおしりがさがるの?」
「なんで太ももの横が張ってるの(出てるの)?」

体重だけ落としても形は変わらない。食事だけのコントロールではからだのラインは変わらない。

(もちろん塩分糖質のコントロールで体内の水分量は変わるので、下半身にたまっていた水分を排出できると体型はいくぶんかは変わります。)

カモシカ脚(あし)はお腹がでる。
下半身おデブは胸が小さいけどお腹はでない。

治療家になって確信しました。

「やっぱりね。そこか・・・」と。

「別に脚なんかきれいにならなくてもいいし。」そう思っているあなたへ。

そうですよ。きれいになんかならなくったっていい。

脚がきれいだとさぞやもてるだろう、さぞや自分に自信がもてるだろうと思っていましたが、これは違いました。

脚が太くったってもてる人はもてる。お腹が出ていようがいい人はゲットできる。
間違いない。

逆に容姿のことをちゃかすように言う人とは男でも女でもつきあうのはやめた方がいい。

ひとの自尊心を傷つけてるのです。言われて平気ならいいけど、平気な人っているのかな。
平気を装っていたとしたら、必ずあとで心が悲しんでいるのでは。

体型は性格の表れでもあります。

私が世の中の女性のために脚をきれいな形にしてあげたいのは

のちのちの健康にかかわるから。

たるみにもかかわるから。

そして若さと直結するから。

脚の太さなんて関係ない。問題にするのは「足・脚の形」です。

作れます。ちょっと努力は必要です。

 

NHKで「無痛ハイヒール」と名付けていただき100均の耐震マットをかかとに貼る方法を紹介しました。
もともと履きこなせている方には別にどうってことないでしょう。でもさらに高いハイヒールもらくらく履けるようになります。自分の足の筋力に自信がない方、もうどこかしらに痛みをお持ちの方にはちょっと自信がつくかもしれません。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。