‘下半身太りが胸が小さくお腹は出ない’その理由

‘下半身太りが胸が小さくお腹は出ない’その理由

答え
 「いつもドローイン(腹筋)をしているような状態だから」

Skitch から

下半身太りの典型パターンを書いてみました。過去の自分のことなのでよ~くわかる。いつものごとく独自の展開をしますが、体型が変わって喜んでいただいているという結果があるので公開していきます。

 

 

静止している状態で考えてはいけない。

動いている状態で考えてみてください。うちでは歩行をしつこく見ます。案外自分ではわからないものです。

だいたいこの方たちはうつむき気味です。(性格)肩は内側にくるまって(内旋)胸郭が狭まっています。いつも胸に力が入っています。(性格)胸が大きくならない。

骨盤が後傾しているのでお尻は下がります。

この状態(前かがみ)で動こうとすると膝はいつも少し屈曲してしまいます。

だから太もも後ろの筋肉はほぼ使われず、いつも縮んだままでお尻と太ももの境界線がない。

あるいはお尻幅より太もも位置の幅が太いはずです。

これにO脚がくわわるとさらに太ももは横に張り出すんです。

なぜなら股関節での大腿骨のつきかたが変わってくるから。

腰痛001-018.indd

この場合だとお腹をつきだして動くタイプなので下腹が出やすいのですが

下半身太りタイプはこれではない。この方たちは、うつむきがちの前かがみで重心がつま先よりになりながら行動していることが多い。
絶壁頭は不利だという記事はここにもかかわってくるのです。

くの字のようにお腹を曲げお尻をさげ、胸郭を広げたまま息を吐くのであれば完璧なドローインとなりますが、この方たちは胸郭を広げていない。
きっと中途半端なドローイン。でもそのおかげでお腹にお肉はつきにくい。

 

 

仙骨が後傾するのは出産時の動き

そのかわりからだの横、後ろ側がどんどんゆるんでいきます。骨盤が後傾する・・・ということは仙骨も後傾していく。

これは実は出産時に起きる仙骨の動きで赤ちゃんが出やすいように骨盤の下側が開いていくんですよ。(仙骨のうなずき運動と起き上り運動)

まずいですよね。

 

 

ハムストリングスが使えていない体型

横から見るとひらぺったく、前後ろから見ると案外幅が広い。そんな体型ではないですか?

私はずっとそうでした。

ぶよっとしたタイプはからだも冷えやすい。固太りの筋肉質タイプもいますが

両方で言えることは
ハムストリングスが使えていないということ。

ストレッチができるのに越したことはないですが
筋力があるということとは別問題なんです。

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

Follow me!