経絡はからだの中のルート

ヨガ

 

 

 

 

 

 

経絡は、からだの内(五臓六腑)と外(外部環境)を結ぶルートであり、からだを維持する気血や病の原因である邪気が移動する通路考えられました。

五臓六腑(ごぞうろっぷ)

臓腑には、五臓、六腑、奇恒の腑があります。

五臓とは肝・心・脾・肺・腎をいいます。

これに心の外衛である心包を加えて六臓とすることもあります。

六腑とは胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦をいいます。

奇恒の腑(きこうのふ)

奇恒とは「平常とは違う変わったもの」という意味で、脳・髄・骨・脈・胆・女子胞(子宮)の六つです。

臓の働き「精気(または陰精)を貯蔵している」に似て、腑の形態「飲食物の消化・排泄と関わる役割を持ち、多くは内部に空間がある」に似ている

だから変わっている・・・としたものですが定説はありません。

外と内を結ぶルートが体にはたくさんあるのです。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。