股関節を屈曲させる筋肉③縫工筋

股関節の動きに関してはこちら(⇒股関節の動きと目標可動域)

股関節を屈曲させる主となる筋肉は一番にお伝えした「①腸腰筋」です。(☜全ての筋肉もこちらに)

②大腿直筋はこちら

今回は縫工筋(ほうこうきん)です。

 

縫工筋

 

縫工筋は二関節筋です。二関節筋とは2つの異なる関節をまたいで作用する筋肉です。

二関節筋である縫工筋は、股関節の屈曲膝関節の屈曲に関わりますが、この2つの動きが同時に生じる場合は、縫工筋の働きは弱くなります。

なので、椅子に座って膝を組む、床にあぐらをかくときなどに体を少し後ろに傾けますが、これはこの筋肉の起始を引き上げて筋肉の長さを伸ばし、屈筋としての機能を高めて膝を楽に組めるようにするためです。

 

縫工筋と薄筋、半腱様筋の三つの筋腱の停止部をは鵞足(がそく)と言います。陸上競技やサッカーの選手、ランナーにしばしば生じる膝の内側の痛みを「鵞足滑液包炎、鵞足炎」といいます。ランニングのやりすぎが原因です。

骨盤が前傾している人に、この縫工筋の収縮がよくみられます。

 

次回は④恥骨筋です。

 

参考になったと思ったら・・・読者登録、いいねをお願いします!

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。