2番目に減らせる脂肪

散歩

②内臓脂肪 です。

腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。つかめる脂肪は 皮下脂肪です。だから一見するとたまっていることがわかりにくい。

アメリカで解剖したことがあるのですが、内臓脂肪はまさしく スクランブルエッグです。

男性の方が内蔵脂肪型肥満が多い

男性ホルモンは筋肉量を増やすとともに、内臓脂肪を蓄積させる働きがあります。男性の方が女性より内臓脂肪型の肥満が多いのはこのことにあります。

閉経後の女性はホルモンの関係で内臓脂肪が増えやすくなるので気を付けなければなりません。

内臓脂肪が引き起こす怖い病気

糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化。内臓脂肪と関わるのは生活習慣病です。

内臓脂肪は溜まりやすいが減らすのも実は簡単!

ウォーキングなどの有酸素運動を行うことで内臓脂肪を落とせます。

糖質を控えると、まず内臓脂肪が使われていきます。内臓脂肪によって太りやすい男性にとっては糖質の量をコントロールするのはとても有効ということになります。

それに対して
皮下脂肪が多い女性にとっては糖質を控えるだけでは効果がでにくいとも考えられています。

3番目となる最後の脂肪は次回に。

ご愛読ありがとうございます。
綺麗な形になると健康も手に入る!

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。