好評発売中です!

このようなメッセージを頂きました。

「出版おめでとうございます。

仕事があって、せっかく届いたご本もまだ読めなかったのですが、自宅に帰ってビックリ!

実は今日は父と義母が自宅に集合していたのです。そして、僕の仕事が終わるまで、彼らは食事を待っていてくれたのです。

すると義理の母が、「最近膝が痛くてたまらんわ」と言ったそうです。すると連れ合いが「昨日◯ちゃんの同級生がお書きになったこんな本が届いたばっかりよ」と、高田さんのご本を渡しました。

義母は多読の速読で山のような本をどんどん読む人なのですが、僕が仕事から帰ったら、開口一番「◯ちゃんは、この高田先生のお知り合いなの?」と言うではありませんか。だから「知り合いも知り合い、同級生だよ」と返事すると、

「完璧なご本です。今、一番教えてほしいことを、的確にていねいに、そして暖かく教えてくださる素晴らしいご本です。高田先生は本物の素晴らしい先生です。」と、読了して言い切りました。

「私、明日から高田先生のおっしゃるように実践したいから、このご本持って帰っていい?」と申しますので、

「あかんあかん、僕が読んで感想を送りたいから、あなたの分は後で買ってあげるから、その本は置いておいて。」と言わなければならない始末です。

こうして高田先生の熱烈なファンが、芦屋でも一人増えました。本当にありがとうございます。

僕的には続編として、頸椎の痛みと腰痛の痛みについて第二弾を出版していただきたいところです(頸椎と、腰の痛みに悩まされています)。

とにかく!ご出版おめでとうございます。芦屋にも出版のおかげで、熱烈大ファンが、生まれたことをご報告させていただきました。

これからのますますのご活躍を楽しみにしています。ありがとうございました。」

 

 

なんて嬉しいご報告でしょう!

了承を得て掲載させて頂きました。

私も経験済みの首や腰の痛みについても是非皆様に知っていただけるチャンスが来るように、今頑張りたいと書店挨拶に回っています。

私のすったもんだを影で支えてくれた友人から届きました。有り難い想いでいっぱいです。

明日香村のあすかルビー!

「よう頑張ったなぁ」と明日香の古くからの友人がご褒美で送ってくれました。今年のクリスマスは忙しくてケーキも無理かなと思ってましたが、そちらも俄然やる気になれました。頑張るわ〜。

あとがきに出てきた方から。クリスマスのチョコレート!

「そんな事言ったんだなあ」

この方のおかげで、説明の仕方も随分と勉強できました。

東京周辺、地元はずいぶん回れたので関西に移動します。

よろしくお願い致します。