テニス、野球、ゴルフをしている人の肩甲骨の形はこれ!

鎖骨がずれているということは

ほかもきっとずれていくでしょう。私の肩甲骨はこんな感じ。

ファイル 2015-12-17 15 39 02

これが肩甲骨の翼状化というものです。

右の肩甲骨が拳上して、肩甲骨の下角(かかく。下の方)が

鳥の翼のように浮き上がっている形です。

野球やバレーボール、テニス、ゴルフなど、
投球動作や肩を使う動作が多いスポーツに多い傾向にあります。

 

ほらね。下手の横好きのテニス。

パワーで押し込むといった、きっと変な力の使い方を

しているのでしょうね。

トレーニング不足も原因です。

アンバランスな筋肉の使い方が原因です。

僧帽筋上部、肩甲挙筋、菱形筋、前鋸筋、小胸筋

に影響が・・・(麻痺する場合もあります!)

サーブや投球ののような、腕を振り下ろす動作で

起こる障害ですが

実は結構このタイプの肩甲骨をしていらっしゃるかたは

いるのですが、気が付いていない場合が多いのです。

肩こり、首の痛みなども引き起こします

この形がず~っとです。

いつもこの形のままになってしまったらどうでしょう。

「筋肉、靭帯、関節包が引き伸ばされている時

 の方が痛みを感じやすい」

いつか痛みがでてくるか、パフォーマンスは落ちます。

では、元に戻って

鎖骨、肩甲骨とずれが見つかった私の肩は

外見でほかにどんな様子がみられるでしょう?