治療家になる前、私はまったくこういったものを見ることが

できませんでした。

なぜって?

怖くて。

理科室なんてとんでもない!ずっと目をつむったまま。

そんな私が

治療家になろうとカイロプラクターの学校に入ったら

目にするものは がい骨と内臓と神経と筋肉・・・

「ギャーッ!」だったのです。

考えればわかることなのに。

ただ、怖いなんて言ってられなくなりました。

すべての名称を覚えなければならない!!!

一日で怖さなんてふきとびました。

今ですか?変な趣味はないですよ(笑)

ただただ、人間の体ってすごいと思うばかりです。

よくできているのです。

それを伝えたくてこの仕事をやっているのかもしれません。

うまく脳をだましてやることもできるんです。

余談になりました。

英語だけど、見るだけでわかるから安心してくださいね。

英語はねぇ、もうちょっと努力すればよかったなあ。

その痛みはなんなの?のところで書いた関節がわかると思います。

そして、ぴろぴろとのびている

神経を見てもらいたかったのです。