骨に衝撃や重力をかける方法

jump

前回

体が老化して骨が衰えるのではなく・・・
「骨が衰えるから全身が老化する」。

ということを書きました。

骨を老化させなきゃいいんですよね。

お正月にできるだけ
横になってゴロゴロするのをやめます。

いや、無理だ。

ごろごろするけど

あとで、ちょっと立ってジャンプします。

軽いジャンプなら50回。

おもいっきりのジャンプなら10回でも
相当な負荷が背骨にかかりますから。


骨の中にある
骨細胞(こつさいぼう)という細胞は、

骨に衝撃や重力がかかると、

全身の臓器を活性化させるシグナルを送ります。

ところが、

体を動かさないでいると、骨に負荷がかからず
骨細胞が減ってしまうため、シグナルも出にくくなります。

その結果、免疫機能の低下や赤血球の減少など、全身の臓器の働きの低下を引き起こしてしまうのです。

お正月にごろごろしているタイプの人は

やはり、少し動いた方がいいわけ。

美味しいお料理、美味しいお酒・・・

糖質ばっかりだあと思いながらも

「ま、いいか。」

でなんとかなるのは若いうち。

30過ぎたらそんな簡単には戻らなくなります。

40過ぎてあきらめたらだめですよ。

50過ぎたら個人差にうらみがましくなります。

60過ぎていたずらに一部をひっぱると
やはりひずみがきます。

気付いた時に少しずつ一緒にやっていきましょう。

できるだけ時短で鍛えられるもの
ヨガマットの広さだけでできるものを
提供しています。

すぐにできるものがやっぱりずっと続けられます。