背中が丸くなることと、スパイクは同じ?

バレーボールの選手に
肩甲上神経障害が多いことを書きました。

どんな症状かというと
肩の関節の外側から後ろの方に
かけてなんともはっきりしない痛みが起きます。

腕をからだの横にあげていく力も弱ったり
腕を外側にねじる(外旋)の力も弱ります。

スパイクを打った時

スパイクを打った時に肩がどうなっているかというと

ファイル 2016-01-10 20 55 05

肩甲骨が外転、下制、下方回旋をとります。

「ん?」

あまり気にしないで動いてみてください。
ちょうど腕を振り下ろしたときの状態です。

このかたちは過度に肩甲上神経が引っ張られた
状態になるのです。(牽引ストレス)

野球でもありませんか?このかたち。

フォロースルー期です。投げ切った時のかたち
だから野球においても
肩甲上神経障害は起こる可能性があります。

「あれ?テニスも?」

起こるでしょうね。
私はこれも関与していると思います。
だからサーブの打ち方を変えました。

しかし、このかたちは

高齢者の姿勢と同じなのですよ!

背中が丸くなって
肩甲骨が下がって
巻き肩になるということは
肩甲骨が外転してるということ。

だから高齢者の肩によくある
棘上筋、棘下筋の筋委縮には、
筋力低下に加えて
この神経障害が関わっている可能性が
あるわけです。

ということは
ストレッチということで

過度に肩甲骨を下げる動作は危険ですよね。

個人個人のからだで必要な運動は微妙に違います。
方向、力、速さ。
いっしょにやっていくのが私の治療法です。

いつもご訪問ありがとうございます。
みなさまの応援、はげみにしています!