改善したい部位の運動のコツがわかれば

筋肉は骨を動かすために、伸びたり縮んだりします。

こちら側が伸びるとあちら側は縮むというように、筋肉は拮抗しながら、バランスを保っています。

すべての筋肉がバランスよく使えていれば、きっと体に大きな問題は起きないでしょう。
そしてきっと姿勢もいいだろうし、スタイルもいいかもしれない。心身ともに健康なのかもしれない。

ところが残念なことに、このバランスが崩れてくる。何がきっかけかは人それぞれですが、ちょっとした捻挫歯のかみ合わせの悪さなどからでも、徐々に体の使い方に「癖」ができてきます。

 

筋肉が伸びるのか伸びないのか
筋肉を縮められるのか縮められないのか
パワーが続くのか続かないのか

体が動かせると「神経」の数も減らないのだけれど。(運動不足でいると神経の数がどんどん減っていき、転倒や寝たきりなどのリスクになる)

いつの間にか作ってしまった自分の筋肉の癖。

それを知って1週間運動してもらっただけでヒップアップした20代のAさんは大喜びしています。
おまけに首の痛みもなくなった。長い間針治療に通っていたのにと。今はさらなる目標へ。

 

体の部位をどの形にして動かすかで効果は変わってきます。
これを知っているのと知らないのとでは大違いなのです。

少しずつですがアップしていきます。
わたしの目標は、効果のある動かし方と筋肉を連動させ、

ストレッチではどうなのか。筋トレでは?ヨガではどこを意識?HIPHOPではどの動きが有効?と繋げること。

カテゴリーから「改善したい部位の運動のコツ」をポチってみてくださいね。

 

また出ていました!私がためしてガッテンに出した裏技!ライブドアニュースだけれどPeachyの記事。

女性の足は●●が救う! 意外な100均グッズでヒール疲れを防ぐ裏ワザ

 

浸透してきたかな?楽だからどんどんやってみて~!

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。