足のバンダを作ってアーチを上げる

足のバンダを作ってアーチを上げる

運動の本や筋肉づくりの本を読むたびにずっと考えていました。

足裏は?足の指は?どんなふうに動かすの?

重心の移動の順番はわかっても、足裏の筋肉の使い方の感覚までは踏み込んでいない。

調べに調べて、私の中でようやく納得したのがヨガの「足のバンダ」です。

これはヨガの時だけでなく、普段から意識すると体全体が引き締まってきますよ。

 

足のバンダ

「バンダ」とはサンスクリット語で「閉じ込める」もしくは「縛る」を意味します。まさしくBANDです。

バンダは”丹田”、”インナーマッスル”、”コアマッスル”といった深層筋に通じるものとつながります。
基本的に喉・腹部・肛門の三カ所を引き締めるということになるのです。

やってみましょう。

立っている状態で、足の指を上に反らせます。

すると、土踏まずが引きあがります。

これは「ウインドラスメカニズム」です。

実は足裏のアーチが一番高くなるのがこの形⇒動画からわかる足ゆびの曲げ方を解明!ウィンドラスメカニズムについて

そして、そのアーチの高さを維持したまま、足の指を下ろします。

 

 

足首全体が緊張して締まっているのがわかりますか?

 

 

外反足や内反足になりにくい

しっかり締まっていると次のような足首にはなりにくいのです。

外反足=回内、足部が外がえしになり、縦のアーチが低くなる
内反足=回外、足部が内がえしになり、縦のアーチが高くなる (参考 ケンダル)

この二つはくせものです。O脚やX脚の入り口となっていきます。

「足のバンダ」を作ってみるとわかるのですが、若干重心がかかとの方に移動します。
そして、その姿勢を維持するために足首だけでなく、上にも書いた喉・腹部・肛門も締まっていくのがわかるでしょう。

 

足のバンダをつくるだけで、普段だれっとしているところが締まっていく。
立っている時にこの「足のバンダ」で立つだけで、ゆるみがちな下半身を締めていくことができるのです。

 

立位での運動において、私のところでは「足のバンダ」を基本にし、アーチを意識するようにしています。

 

偏平足や開帳足、浮き指、外反母趾、内反小趾などほぼすべての足の障害は、この足裏の筋力低下、アーチの消失によるものです。まずは「足のバンダ」を作ることからはじめましょう。

そしてハイヒール(ヒールのある靴)を履くにあたって、足裏の筋肉はとても重要です。いつまでも素敵に履くためにも鍛えておきたいものです。

 

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

 

Follow me!