バレエダンサーはなぜ脚が上がるのか

バレエダンサーがなぜあんなに脚が細いのに、あれだけ高く脚をあげられるのか。

 

いいバレエ教室かを見極めたければ、そこに通っている生徒さんの脚を見ればわかるといいます。

太ももの前が張っている、脚が太い、早くからトゥーシューズをはかせているなどがあれば、いくら近くて便利なところでも、考え直したほうがいいといいます。

それはハムストリングスを鍛える指導がなされていないから。

とすると他の筋肉に対する考えも心配になってきます。

足裏のアーチを鍛えないうちにトゥーシューズをはかせるのは危険なのです。

 

膝を伸ばしたまま股関節から脚を高く上げてみてください。

ほとんどの人が太もも前側の大腿四頭筋であげてしまうのではないでしょうか。

この筋肉は大きい筋肉なので、使えば使うほどパンプアップしてしまいます。

 

バレエダンサーは本来体の後ろ側にあるハムストリングスを鍛錬で内側に位置させ、股関節の外旋とともにこのハムストリングスで脚を高く上げることができるのです。(腰椎、骨盤も連動します)

反張膝(膝過伸展)だとふくらはぎだけでなく太もも前も太くなる。

あなたは反張膝(膝過伸展)の特徴に当てはまる!?バレエダンサーは?

太もも前を細くするにはまず股関節伸展

 

フィギュアスケートの選手も脚がよく上がりますね。

決して太い脚ではありません。(昔の選手は太かったけど)

筋肉の使い方次第。

自分の癖を直そうとするのはとても勇気がいるし、時間のかかるものです。

そこのところを教えてくれる先生に出会えると、長く踊れるからだも手に入るのですよ。

 

からだは使い方次第。興味のある方は一度是非!

 

参考になったら嬉しいです♫

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。