急性疼痛と慢性疼痛

foot
痛みを表す言葉は100以上あるそうです。
ジンジン、ピリピリ、チクチク、ヒリヒリ、ズキズキ、
メリメリ、ガーン、ジクジク、ガンガン、ピキッ、ズンズン・・・
実際にこのような音がするわけではないですね。
「オノマトペ」といわれる擬音語、擬態語です。痛みの状態を理解するのにとても役立ちます。
「チクッ」と「ズキッ」は違います。
「ズキッ」と「ズキズキ」も違いますね。

これらを聞いて何性の疼痛なのか考えていくわけです。

そのほかにも
しびれるような、焼けるような、突っ張るような、
冷えるような、だるいような・・・
感覚に関わる本人にとって不快なものも疼痛として考えます。

だから病院や治療院に行ったら
できるだけ

「○○○な感じ」と言ったほうがいいですよ。
わかってもらいやすいです。

痛みは二つに大別されます。

「急性疼痛」とは
まさしく、急に起こった痛みのこと。
短期間の痛み。

ケガややけど,突然の病気などによって起こります。

脳が「痛い」と認識することによって,病気やケガで傷ついた部分を
一時的に安静にさせ,修復を促したり,免疫反応を呼び起こすという
働きをするので、
からだを守る反応の1つとして重要な役割を持っています。
「慢性疼痛」とは
1~3カ月以上痛みが続くもの。
痛みの原因が治っても痛み続ける,
あるいは原因が治りにくいために痛み続ける状態です。
痛みには大きな働きはなく,むしろ痛みの存在自体が病気となって,
日常生活にも支障が出るようになります。
糖尿病性の痛みもこの1つです。
治癒しない病変に伴ってみられる疼痛。
原因とするものに慢性疾患(例,癌,関節炎,糖尿病)
および損傷(例,椎間板ヘルニア,靭帯断裂)があります。
はじめは急性疼痛だったのに
適切な処置をせずに放っておくと
痛みが別の痛みを引き起こして「慢性疼痛」に変わってしまう
こともあります。
これ、嫌ですねぇ。30年後に症状が出る場合もありますよ。

過去のねんざは特に注意が必要です。
治っってると思ったら・・・

ご訪問ありがとうございます!