どんな運動をやっても効果がでないという方へ。体の作り方のコツは4つ「②まわす」

どんな運動をやっても効果がでないという方へ。
それは体の支え方が間違っているのではありませんか?
自分の当たり前は正しくないのかもしれません。
体を変えるための体の作り方のコツは4つ。
今回は「②まわす」をYouTubeでご紹介しています。

①あげる
②まわす
③引く
④締める

体の作り方4つ②まわす
目次

体の使い方を変える

え?なんでそう動く?

体の使い方をお教えしている時によくあることです。
でもご本人からすると至極当たり前の動きであって、何も疑問に思っていないのです。
動画で撮ると初めて分かっていただけます。

何か体に問題があるな・・・
と思った方は、まずはご自分の動き方を冷静に見ることをお勧めします。

太ももを外側に回すのが苦手なタイプ

この「太ももを外側に回す」という動きは
股関節の外旋です。

次の写真の方たちはタイプが違いますが、おふたりとも太ももを外側に回すのが苦手です。

②まわすが苦手なタイプ

体が柔らかいがひざが内側に入るタイプ
(オレンジ)

ひざが過伸展し、お腹を反りだしてバランスを取るタイプです。
足先がターンアウトしやすく
太ももは歩行時にも内側にひざが向く傾向が多いです。

反り腰が強く体が硬いタイプ
(パープル)

ねじる動きが全て苦手で股関節の屈曲が強いタイプです。
したがって股関節は外側にまわす外旋だけでなく、内旋も内転も外転も苦手となり、体自体が硬くなっているタイプです。

高田祐希

どちらのタイプも
「自分は普通だ」
と思っていらっしゃいます。

今までにやってこなかった動きを
始めるにはできるだけ早い方が望ましいですよ。

正しい体の動かし方ができるようになると

今日もこんなコメントをいただきました。

「声が出るようになった(ジャズ歌手)」
「眉間のしわがなくなった」
「ひざ上の肉がなくなった」
「お尻が上がってきた」
「パンツの位置が違う」

そして
「とにかく体の動かし方が分かるのが面白い」

と言っていただいています。

その中でも「太ももをまわす力」は大事です。

YouTubeでも説明しています

一度ご覧くださいね。

②まわすの説明

ご予約はこちら

ご予約、お問い合わせはお電話、下記メールアドレスにて承っております。初来院される方は必ず初診を受けていただきます。

営業時間:10:00~19:00(受付は17:30まで)
定休日:火曜日


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次