運動を効果的に体に効かせるための足元を決める4つのポイント

こんなことがありました。

外反母趾の強い方のトレーニングをしている時のことです。

外反母趾になると拇趾(足の親指)の底屈力が弱くなります。だから内側縦アーチが保てなくなってのちには偏平足になる可能性大です。

長母趾屈筋という筋肉があります。
この筋肉は母趾を内転させたり屈曲させたりする筋肉なのです。
そして外反母趾にならないように作用してくれる筋肉なのですが、細っ!ふむふむ、ふくらはぎの奥深くから来ている。

それだけではありません。

 

母趾内転筋母趾外転筋といった筋肉で、やはり外反母趾にならないように頑張ってくれるはずなのに。

 

アーチが落ちて、偏平足になる。足が回内していく。という物語が始まります。

そうなると本来動くはずの筋肉もお休み状態になってしまいます。

そんな筋肉も母趾を正しい位置にするだけで動き始めるのです。

「おお!」

大抵はびっくりされます。覚醒するような感じです。

「使ったことないです!そこの筋肉。」

とおっしゃることも。

しかしこの方は感じない。
わたしは母趾を正しい位置にするために手で支えていたのですが、ふと見上げるとこの方は頭がうつむいているではないですか。

頭は6~8kgもあります。

うつむいて、前にかがみこんでいると、1.5リットルのペットボトルが4本分以上ある頭ですよ。重心がくるってしまいます。

母趾を正しい位置にして、お腹に力を入れ、首を起こして頭の位置にも気をつけて踵の上げ下げするだけで、

「気になってるところのお肉が締まるのがわかった!」

とおっしゃいました。

 

運動をするときの姿勢での基本の4つ

足指を正しい位置にして
足のバンダを作り、足裏アーチをあげ、足首をキュッと引き締めて行います。

そうするといつもより少しかかと側に重心が移ります。
かかとに重心を移すだけでは指は浮いてしまいます。浮指のもとです。だから足指をのばしたまま「つかむ」感覚を覚えます。


すると同時にハムストリングスお尻に力が入ります。

歳とともにゆるんでくるところが、立ち方を変えるだけでも締まるのが感じられるのです。

そして、前かがみが多い現代の生活です。

頭の位置に気を付けないと背中側の筋肉がゆるんでしまいます。これは年齢に関係ありません。

腹筋力がなく、お腹を前に突き出す傾向の人は、バランスを取ろうと体は首を前に倒しがちになり、結果、猫背になってしまいます。

だから少しだけお腹に力を入れる。それだけで運動の効果が変わります。

【基本の4つ】
足指は曲げない(曲げると虫様筋が働かなくなる)

足のバンダを作る(足首を締める)
頭は起こす(重心)
お腹を少しひっこめる(「腰椎を過前弯にして重心のバランスをとる」ということのないように)

 

運動はきつく感じるようになります。だから効果が上がります。

体形を変えたいのであれば、自身の使えていない筋肉を知ることです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。