腕の付け根が太い人、太ももの付け根が太い人

付け根を回す力がない

例えば腕。

「腕を外側に回してみましょう」

というと

ご本人は一生懸命なのですが、肘から先が回っているだけということがよくあります。

この動きは「肘の回外」という動きなのですが

やたら動き過ぎてしまう人がいます。

膝の過伸展(反張膝)について、しつこく書いていますが、

肘の過伸展もあるのです。

腕から指先まで伸ばした時に、ま~っすぐになっているものなのですが、反対側にぐにやっと曲がる人がいますね。

女性は多いですが、男性もいないとは言えない。

腕立て伏せ(プッシュアップ)の体勢をとっても、肘が反対側に曲がっているという不思議な光景をよく目にします。

このような動きになると

動かすべきところが動かせない。

という状態になるのです。

 

 

どこが太くなる?

 

肩の外旋で必要な筋肉
肩の水平外転で必要な筋肉

腕を上げて外側に回すということはこんなに色んな筋肉を使っているのですが、肘から先だけを回しているとこれらの筋肉は使われないでしょうね。

ムチムチの首
ムチムチの腕
肩甲骨など動かない
肩こりがあって当然
背中もやたら凝るでしょう

おなかを反って腕の付け根を回せた気になっていてもダメなんです。

おなかが反る?

ということは・・・いろんなところにつながっていきませんか?

 

同じことが太ももにも言えます。

 

動かしていないところの神経は消えていきます。

今度は動かそうと思っても神経がつながらないので動かせなくなります。

ところが一旦やりだすと、また神経は増えていくのです。

力を入れるということを忘れてしまっている人もいますね。

こういう方は

呼吸が浅い。

 

つい先日、声など出したことのない人が、お友達と旅行に行くことが決まったことから

本当に、真剣に

力を入れるとはこういうことなんだなあ

と改めて感じさせてくれるほど実践してくださいました。

モチベーションって大事ですね。

 

しっかり体の形を変えたいのであれば、解剖を理解しましょう。それが早道です。

3回で頑張ってみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。