歩いている時に太もものつけねの開き角度が大きい人は、脚が細い

歩いている時に太もものつけねの開き角度が大きい人は、脚が細い

ハイヒールをいかに楽にはけるか講座をしているので

ふだんからモデルさんや街の人たちの脚を見ています。
(変な趣味はありません。)

ファイル 2015-12-30 15 10 07

細いのはうらやましい。

むちゃくちゃ、うらやましい。

ですが、ちょっと考えが変わってきています。

こういう仕事柄、健康維持のことからも考えていくと

ただ細いだけで筋力のない人はやはり故障が多くなります。

ある程度太くて筋肉があるほうがいい。

体幹を支えるということだけではなく、

断然、若く見えるということ。

ハイヒールを履いているのに、太ももの付け根から

脚を開いて歩いているこの方たちの筋力はさすがです。

細くて筋力がある。

ハイヒールは脚の筋力がないと履けなくなりますから
いいバロメーターになるんです。

脚も真っすぐ。

O脚でもない。x脚でもない。

歩行では

「足の親指のつけね」と「足指」で、最後踏み切らなければ

次の一歩が遠くに運べません。

踏み切ろうとすると、足裏の筋肉も使いますよね。

O脚、X脚、「浮き足(浮き指)」だとすれば

歩行での重心の体重移動に どこか不具合があるんです。

細かいことはまた書くとして

昨日の目標「食事」「ジャンプ」「日に当たる」

「太もものつけねを最大限に開いて歩く」を追加して

今年体力増強しようと思っています。

ウインドウに映る、自分の太もものつけねの開き角度を

二子玉川駅から横断歩道をわたり、

高島屋南館のウインドウ前でちらっと確認。

痛い股関節と大いにかかわることなので

太ももが開けるかチェックしています。

 

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

Follow me!