アキレス腱と足底腱膜はつながっていた。

片足でのつま先ジャンプでは、つま先でおりられました?
かかとはつきませんでした?何回頑張れました?
両足跳びならなんとかできても片足だと結構きつくないですか?

ジャンプ2

「久しぶりにジャンプをしてみたらできないことに気付いた!」と いう方もおられます。20代にはわからないことでしょうが、30代後半あたりからは「アレ?」が始まります。個人差が出てくるのもここらあたりから。40 代ではお肌なんかのほうに気がいっていますが、50代になると体力的にましだと思っていてもちょっと油断をするとすぐに筋力が落ちています。気付くだけマ シかもしれません。

足底腱膜炎

足裏のアーチがあるかのテストだったのですが
急にやって足裏が痛くなった人がいるかもしれません。

それが足底腱膜炎です。

「え?足裏のアーチの話じゃなかったっけ?」

そうですよ♫

足裏のアーチが落ちてきてしまった土踏まずのない偏平足(へんぺいそく)では、一番底にある足底腱膜(足底筋膜)がいつも引き延ばされたような状態になるのです。足底腱膜がかかとの骨に付着する部位は後述しますが弱いので痛みがでやすい。

足裏のアーチと足底腱膜には密接な関係があります。
足裏のアーチがあることでランニングやジャンプといった動作の衝撃を緩和してくれているのに、それがないとなると衝撃が直接足底腱膜にかかってしまうのです。

足底腱膜

実はこの足底腱膜。元はアキレス腱とつながっていたも のです。赤ちゃんはアキレス腱が足裏の先のほうまでつながっています。4歳でもまだつながっていて、大人になるにしたがってかかとのところでわかれるので す。二足歩行をするとかかとの骨が発達する。その発達した骨がつながっていた部分を切断し、切れた部分は骨に吸収されていきます。

だからこの足底腱膜とかかとの骨とのつなぎ目は弱い。足底腱膜がピーンと張った状態に衝撃が加わると炎症を起こしやすくなるのです。

骨棘(こつきょく)

最悪どうなるか?
かかとの骨がのびようとして骨化し棘(とげ)ができます。それが「骨棘(こつきょく)」です。

骨棘

こういった場合も

ふくらはぎが硬い→アキレス腱がいつも上に引っ張られる→かかとの骨も引っ張られる→骨とつながる足底腱膜も引っ張られる→足裏が痛い

足底腱膜炎を疑うのならここをチェック

足底腱膜炎で痛くなるところは3部位。
・かかと前方
・土踏まず
・母趾付け根

いつ痛むか?
・起床時の一歩が痛い
・長時間座った後の一歩が痛い

原因
・偏平足
・ハイアーチ(足首の柔軟性がない場合に多い)
・肥満
・加齢
・長時間の歩行、立ち仕事
・スポーツで足を酷使している

20代でも炎症はくる

買ってあげたランニングシューズが気に入り、20代のむすめが家の周りだけを軽く走るようになりました。毎日ではないですし、10分から15分ぐらいですが。

・体重は変わらないのに体が締まる。
・会社からめげて帰ってきても、なんか走れば気分がいい。
・湿疹が消えた。
・肌が白くなった。

いいことだらけなのですが 足裏にきました。本人何が起きたのかわからず、うろたえていましたが足底腱膜炎はストレッチをしっかりすれば治ります。

足裏アーチがあるかないか
足指を曲げると(ぐーにする)とかんせつが3個以上出ますか?
(MP関節です)

足指関節

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。