膝関節を屈曲させる筋肉⑤膝窩筋と「O脚」「X脚」「膝痛」

膝痛を改善させることができたのはこの「膝窩筋の理解」といっても過言ではない。

走る。急に止まる。方向転換する。昨日もがんがんテニスができました。

膝がだるい。
膝が痛い。
膝が腫れる。
膝に熱を持っている。
膝に水が溜まる。
膝が曲がらなくなる。
正座ができない。
膝ががくがくする。

整形外科ではレントゲンを撮って変形性膝関節症と言われ、「この歳ならこんなもんですよ~」と薬と湿布を出されて終わるという対処を受け、次に水の溜まりがひどくなったので「水、抜いてみます?」で一度だけ水を抜く。楽になるがまた溜まる。

これは

「ちゃんとトレーニングを自分でしなければいけないんだろうな。」

と自分でトレーニング。
テーピング治療もする(資格有り)。
たまった水も引いていく(体内に吸収されていきます)。

 

治した~♫良かった~♫と思っているのもつかの間でした。

 

反対側の膝が突然痛み出す。

これはショックでした。

でもやるしかない。

そこでもう一度、自分の足・脚の成り立ちを考えていく中で、「膝窩筋」にぶち当たりました。

 

普通、膝痛といえば「膝の伸展」に注目します。

確かに膝の伸展で使われる大腿四頭筋が弱るとしっかり縮まなくなり、垂れて膝に負担がかかり、痛みを引き起こすというのも事実です。
歳をとると膝が下がってきますね。キュッとしなくなる。あれです。
膝をキュッとさせるという動きとは、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を縮めることであり、それは「膝を伸展させる」ことになります。

 

しかし

O脚は「大腿骨内旋+足回内+膝過伸展」

X脚は「大腿骨外旋+足回外+膝過伸展」

もともとが膝過伸展してしまっているのに膝を伸展させる運動をしてもどうなのか・・・

 

過去に「膝のロッキング」(膝が痛みとともに伸ばせなくなる)を経験していると、ロッキングしたときの動作が怖くてできなくなります。
(⇒半月板損傷やお顔のたるみも必要なのは運動)
(⇒ひどいO脚から今はここまで改善。しかし課題が。

それは「膝をねじる」という動きです。

すると膝を極力ねじらなくなる。

それを何年も続けていると筋力が弱くなるのは目に見えています。

 

 

「膝を曲げて、ねじる力をつけよう。」

やってみて気が付いたのです。

「なんて弱くなっているんだろう!」

膝を曲げる筋力が圧倒的に弱かったのです。膝をねじって体幹を起こすなどどれだけやっていなかったか。

曲げることはできてもその力は弱っている。曲げられるからだまされてしまうのです。

 

効果は絶大でした。膝痛が治ったのだから。

 

 

膝窩筋

注目すべきは

「膝窩筋が筋力低下すると膝が過伸展する」ということです。

 

O脚であれ、X脚であれ、膝が過伸展している人は触ってみると膝裏に痛みを感じる人が多いです。

ちょっと膨らんでいて、押すと鈍痛があったり、下腿にむくみがあったりする人は間違いなく膝の屈曲の力は弱い。

血行も悪くなるでしょう。膝が過伸展するというのは「正しい流れ」が作れていないのです。

だからもみほぐしているだけではダメなのです。

膝が過伸展しない筋肉を育てた方がいいのです。

 

 

膝痛の初期の頃、ディズニーシーで一瞬痛みが引いて驚いたことがあります。(⇒ディズニーシーのアトラクションで膝の痛みが一瞬に消えた事実)

あの頃は「踏ん張る」という言葉でとらえていたのですが、アトラクションで座席について踏ん張る動作は、よく考えてみると膝の屈曲と足の背屈ですよね。

膝関節を屈曲させる筋肉④腓腹筋(高齢者の運転)

で書いたように

膝が伸びていると足の踏み込む力(底屈)が強くなる。

足のつま先が上がる(背屈)ときは膝の屈曲が強くなる。

というわけなので

 

「キャーッ!」と振り落とされないように、座席に座って踏ん張れば踏ん張るほど、膝が鍛えられて痛みが取れたのでしょう。

 

膝と内外側ハムストリングスの関係はO脚、X脚のなりたちに大きく関わります。

ヨガのポーズでも比べてみたいと思います。

参考になったでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。