バレエダンサーの脚はどうして細いのに力があるのか?

バレエダンサーの脚はどうして細いのに力があるのか?

バレエダンサーがなぜあんなに脚が細いのに、あれだけ高く脚をあげられるのか。

 

いいバレエ教室かを見極めたければ、そこに通っている生徒さんの脚を見ればわかるといいます。

太ももの前が張っている、脚が太い、早くからトゥーシューズをはかせているなどがあれば、いくら近くて便利なところでも、考え直したほうがいいといいます。

それはハムストリングスを鍛える指導がなされていないから。

とすると他の筋肉に対する考えも心配になってきます。

足裏のアーチを鍛えないうちにトゥーシューズをはかせるのは危険なのです。

 

膝を伸ばしたまま股関節から脚を高く上げてみてください。

ほとんどの人が太もも前側の大腿四頭筋であげてしまうのではないでしょうか。

この筋肉は大きい筋肉なので、使えば使うほどパンプアップしてしまいます。

 

バレエダンサーは本来体の後ろ側にあるハムストリングスを鍛錬で内側に位置させ、股関節の外旋とともにこのハムストリングスで脚を高く上げることができるのです。(腰椎、骨盤も連動します)

反張膝(膝過伸展)だとふくらはぎだけでなく太もも前も太くなる。

あなたは反張膝(膝過伸展)の特徴に当てはまる!?バレエダンサーは?

太もも前を細くするにはまず股関節伸展

 

フィギュアスケートの選手も脚がよく上がりますね。

決して太い脚ではありません。(昔の選手は太かったけど)

筋肉の使い方次第。

自分の癖を直そうとするのはとても勇気がいるし、時間のかかるものです。

そこのところを教えてくれる先生に出会えると、長く踊れるからだも手に入るのですよ。

 

からだは使い方次第。興味のある方は一度是非!

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

Follow me!