股関節の動きと目標可動域

イラストにしてみました。
(※参考「関節可動域表示ならびに測定法」日本整形外科学会・日本リハビリテーション医学会)

股関節はぐるぐる回すこともできますね。球関節に属する臼上関節だからです。

ではそれぞれの動きの目標可動域をみていきましょう。

 

股関節の屈曲・伸展

※屈曲は骨盤と脊柱を十分に固定し、背臥位(背中を床につけた姿位)、膝屈曲位で行った場合の数値です。
※伸展も骨盤と脊柱を十分に固定し、伏臥位(お腹を床につけた姿位)、膝伸展位で行った場合の数値です。

 

股関節の外転・内転


※外転は背臥位で骨盤を固定し、下肢が外旋しないようにして行った場合の数値です。
※内転は背臥位で骨盤を固定し、反対側の下肢を屈曲挙上してその下を通して内転させた場合の数値です。

 

股関節の外旋・内旋

※骨盤の動きが入ることを最小限にするために、背臥位で、股関節と膝関節を90°屈曲位にして行った場合の数値です。

 

骨盤を固定し・・・

注意書きでこの「骨盤を固定し」という言葉が何度も出ているのに注目です。骨盤まわりがいろいろな動きを手伝っていることがわかります。本来の股関節を動かすための力を見るために骨盤を固定させるわけです。

 

筋肉靭帯が伸びたままなのか、縮んで硬いのか、力がないのか、その人によって現れた体形の理由は違いますが

こちらの統計では

X脚は屈曲、外転、内旋が苦手で骨盤前傾が多い。
O脚は伸展、内転、外旋が苦手で骨盤後傾が多い。

というのが実感です。(もちろんあてはまらない場合もあります。)

 

 

かっこいいお尻を作るには?
O脚やX脚をまっすぐな脚にするには?
おなかをへこますには?

実は関節の動きを正しく組み合わせて動かすだけなのです。

知らないでやるなんてもったいないと思いませんか?

 

ちょっとからだを変えてみたい。

そんな方にきっとお役に立つと思います。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。