股関節を伸展させる筋肉⑤大内転筋

前々回より「次回ハムストリングスについて書きます」と書いていたのですが、ハムストリングスと膝の動きは非常に関連するので、ひとまず股関節の動きの説明を書きあげてから書くことにします。ハムストリングスと膝痛、O脚、X脚は切っても切れない関係だと自分の体験から感じていますので、どこをどう鍛えるかを楽しみにしていてくださいね。

もう一度全体図で見てみましょう。

 

股関節を伸展させる筋肉

股関節を伸展させる筋肉①大殿筋

股関節を伸展させる筋肉②大腿二頭筋

股関節を伸展させる筋肉③半腱様筋

股関節を伸展させる筋肉④半膜様筋

 

股関節を[伸展]させる筋肉の筆頭は「大殿筋」です。

 

 

 

大内転筋

大内転筋は股関節を[屈曲]させる筋肉で出てきました。(⇒股関節を屈曲させる筋肉⑥大内転筋)

 

加齢で著しく衰えるのはこの「股関節の伸展」です。

人の後ろ姿を見て気が付くことはないですか?
自分の後ろ姿を見ることがありますか?
芸能界の人たちがいつまでも美しく元気でいられるのは映像という、自省できる機会があるからです。
「わたしはもういいのよ~」
という方がおられます。筆者は性格が悪いので
「ほんまかあ?」
と思います。
「うそやろ、ぜったい・・・」
ただ本当にこればっかりは人によるので無理強いはしない。

ご自分で「〇〇〇のような体形になりたくない。でも今のままだとなってしまう。」と気付いて矯正に取り組みに来られた方います。
気付いたという事がすごい事なのです。客観的に自分のからだを見ることができたのですから。

 

股関節を伸展させる筋肉とは、お尻を「プリッ」とさせている筋肉なのです。

ただ真後ろに脚を上げるだけでなく、外旋させたり、内旋させたり、膝を曲げて動かした方がいい時もあるわけです。
尿もれで悩むのなら、この伸展する筋肉の中にもヒントがあります。

今の自分に足りない筋肉はどれなのか。まず、それを知ることから始めませんか。

バレエでどうして足が上がらないのか。どうしてケガをしてしまうのか。

もしお悩みでしたらご相談くださいね。

バレエとハイヒールは深く関わります。ハイヒールを美しく履きこなすために必要な筋肉を目指すだけでも人は健康になれるんですよ。

 

次回から股関節を外転させる筋肉に入ります。

 

参考になったら嬉しいです♫

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。