股関節を内転させる筋肉と膝のたるみを取ること

股関節を内転させる筋肉と膝のたるみを取ること

動かさないでいると、神経は減ります。

動かさないでいると、毛細血管も減ります。

膝は年齢が現れる場所です。
ある程度は

「自然な加齢だもの、別にいいよね。」

と受け入れていました。しかし

膝痛のある側の膝の方が、たるんでいるのに気が付きました。

それがですよ。

膝の張りが戻っていたのです。家族に言われてびっくりです。

自身の弱い筋肉を意識して動かす。苦手な動きをあえてやる。
初めはからだが言う事を聞いてくれません。
そりゃそうです。

動かしていない間に神経はなくなっているのですから。

 

神経が減ってくる

運動不足だからしょうがない、と諦めている人が多いかもしれませんが、実はその意外な原因が分かってきている。
それは、筋肉を制御する「神経」が筋肉を上手に動かせなくなっている、ということ!
その状態を放っておくと、神経の数がどんどん減っていって、やがては転倒や寝たきりなどのリスクにもなるのです。

 

ところが動かしているうちに筋肉を感知できるようになってきました。

神経が増えてきたのではないでしょうか。
きっと同時に毛細血管も増えているはずです。

バランスよく筋肉が使えるようになったことが、膝痛が劇的に良くなったことにつながりますが、プラスして膝の張りも戻るなんて嬉しい!

だから皆さんにも知ってもらいたい。やれば変わるから。

神経、毛細血管を増やしていきましょう。

自分の苦手な動きを知っていますか?
まず、なぜできないのかを知るべきです。

 

 

股関節の動き

 

屈曲、伸展、外転、内転、外旋、内旋。分回しという動きもあります。

 

 

今回から、股関節を[内転]させる筋肉の説明です。

 

この[内転]の動きも現代人はあまりしないのではないでしょうか?

形はできても、その力は弱くなっています。

 

股関節を内転させる筋肉

 

 

[屈曲]のところで出てきた筋肉が並んでいます。

次回、小ネタとともに説明していきます。

 

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

Follow me!