O脚と外側ハムストリングス

悩ましいO脚

O脚でお悩みの方、この腓骨が外側に張り出すように出っ張っていませんか?(違う場合のO脚もあります)

わたしは完璧にこのタイプでした。

 

「股関節を伸展させる筋肉②大腿二頭筋」を参照してください。

外側ハムストリングス(大腿二頭筋)の筋力低下は膝外側の安定性が低下する傾向になり、

立位など荷重時に内反膝(ないはんしつ=O脚)になります。

 

 

要するにO脚の人の大半は、この外側ハムストリングスが弱い!!

蹴り上げるという力も弱い!!

理由は股関節で大腿骨が内旋気味な場合が多く、動きに制限があるからだと考え、トレーニング・処置を施しています。

腓腹筋の内側が使えないのはなぜなのか、足の親指付け根に力が入れられないのはなぜなのか。

なぜ膝が過伸展するのか。

ひとによってO脚になる理由はそれぞれですが、腓骨が張り出している人はこの外側ハムストリングスを意識してみてください。

O脚を改善するためには、ハムストリングスを鍛えることがまず一歩です。

 

そして放っておくと

「膝が痛くなる」という可能性が大です。

腸脛靭帯のトラブルとともにハムストリングスの弱さは何かと膝の問題に関わります。

 

ハムストリングスとは脚の後ろ側。

 

ストレッチだけでなく筋力を鍛えることも大事です。

つながっているところが座骨なので当然骨盤の傾斜にも関わってきますから、ほら、お尻の形にも特徴があるでしょ⁉

やれば必ずからだは変わります。

 

 

 

参考になったら嬉しいです♫

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。

二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。