反張膝(膝過伸展)を治す

仕組みを知れば治せます

初診時は、何も伝えていない、素の状態での立ち方です。

正面から見ると、脚は細くまっすぐですがⅩ脚。しかし骨盤は前傾ではないタイプ。首も要注意。

かなり強い反張膝(膝過伸展)の方です。

太もも前とふくらはぎが張ってしまう。
⇒ふくらはぎが太くなる人のもう一つの理由とは?)

⇒あなたはどっち?ふくらはぎが太い人の2パターン

⇒反張膝(膝過伸展)だとふくらはぎだけでなく太もも前も太くなる

ご家族に膝の悪い方が多いという事、そして運動の仕方に、これでいいのか?という疑問・不安もあるということで来られました。

 

しかし見てください。

2回目でこんなに変わることができるのです。(バストまで!)

 

理由は

理解したから。

 

弱い筋肉、使いきれていなかった筋肉がわかったので、それらを意識できるトレーニングと動かしやすくなる施術をしたからです。

だから2回目の最後には自然に右の姿勢がとれたわけです。

理解したら脳に記憶させるため、何度もこの姿勢を作れる回数を増やし、筋肉を作り、神経を増やすのです。

 

 

筋肉は本来どのように使うものなのか?どう動くと効率的に鍛えられるのか?

じっとしている時でも姿勢を保つために筋肉は使われています。

見た目は同じでも、体の中での感覚が人によって違う。

「重心だろ?それ。」

という人がいるでしょうね。

その重心をどこで支えてるの?

重心を○○に・・・

といってもみんなバラバラなことをやっています。

足趾を曲げたり伸ばしたり、土踏まずに力をかけたりと、

本来どうするのが自然な筋肉の使い方なんだろうか?

 

 

それが分かれば反張膝(膝過伸展)も防げるようになるというわけです。

これはO脚でもⅩ脚でも同じです。

そして尿もれでお悩みの方にも知らせたいことなのです。

 

そして肝心なことですが、足の形が人によって異なります。

私が足の形にもこだわるのは、形状によって重心のかけ方が異なるから。

テキストのようにはいかないのです。

歩くにせよ、走るにせよ、止まっている時ですら感じる感覚は違うはず。
出る症状にも特徴があるのですから、運動を指導する時は考慮すべきです。

だから歩行指導は個人で見る必要があるし、素足での状態を見るのです。

 

「長い間、間違ってたなあ」

間違ってた結果が体の形に表れていると思ってください。

正しい歩行を指導したら

「あ~、おなかが~」
「あ~、くびが~」
「あ~、せなかが~」
「あ~、おしりが~」
「あ~、ふともものうしろが~」

とそれぞれに感じるところが出てきますが、

それが使われていなかったところであり、今後形が良くなるところですよ♡

 

治し方

実は今までのブログに書いてきています。
個人によって弱い筋肉の度合いが異なるので書きにくいのですが(過去に捻挫をしていたりするとそれだけでも異なります)

・股関節伸展をすること(⇒太もも前を細くするにはまず股関節伸展)

・足の甲をしっかり上げること⇒足のバンダを作ってアーチを上げる)
⇒動画からわかる足ゆびの曲げ方を解明!ウィンドラスメカニズムについて)(⇒「甲上げエクササイズ」の効果!)

・膝窩筋を鍛えること(⇒膝関節を屈曲させる筋肉⑤膝窩筋と「O脚」「X脚」「膝痛」)

 

 

※膝窩筋は膝を屈曲させる筋肉です。

いずれYouTubeで配信したいと思っていますが、一度来ていただくのをおすすめします。

このサイトの上部、「お問合せ」というところからメールを送ってください。折り返しご連絡いたします。

どうしたらいいの?という方が多かったので・・・。

最近のご相談は「尿もれ」が多いです♡

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。