ウィンドラスメカニズム(ウインドラス機構)について

足裏のアーチは、つま先立ちになって甲がしっかり出た時に一番高くなる。
これがウインドラズメカニズム(ウインドラス機構)です。

 

ウィンドラスメカニズム

つま先立ちになると、
足底腱膜が引っ張られ、
内側縦アーチを高くするというメカニズムが足にはあるのです。

 

歩行の最後、後ろ足が地面から離れるときにこの動きがありますね。

出典:観察による歩行分析/Kirsten Gotz-Neumann著

 

c.のターミナルスタンスからd.のプレスイングにかけてウインドラス機構が働いています。

 

普段の生活で、果たしてここまで踏み切っているでしょうか?
ここまで甲を出せているでしょうか?

 

足の指(足趾)は伸びて背屈し、甲がぐぐっと出せている時に、足裏のアーチが一番高くなるのですが、ここまで蹴れていますか?

 

実は立っている状態でも、甲を上げてアーチが落ちないように、かかとの骨と前足部をきゅっと近づくようにしているのです。

このシステムは「トラス機構」といって本来は体に備わっているものなのですが、働いていますか。

 

アーチが落ちているとしたら何か原因があるはずです。

 

これが弱ってくる原因の一つに足の指(足趾)を曲げてしまうということがあるのです。

 

足の指は曲げてはいけません。

(⇒なぜ足趾を曲げてはいけないのか。ウィンドラスメカニズムについて)

⇒足の指(足趾)はいつも伸ばすことと虫様筋について)

 

 

かかとの骨は前足部に近づいて、手でいうと「つかむ」ような感じ。鳥が止まり木をつかんでいるかのごとくです。

 

実際、バレエダンサーたちは、ポアントでも「つかむ」感覚で行っているのですよ。

 

 

足裏のアーチは 甲をしっかり出していないと維持できないのです。

 

足裏のアーチがなくなると

足底腱膜炎(足底筋膜炎)
偏平足
外反母趾
内反小趾
モートン病
強剛拇趾
尿もれ

血行不良
貧血

疲れやすい 

など様々な症状を引き起こしかねません。

 

本来、足はどうなっているものなのか。考えてみませんか?

疲れの原因は足裏の使い方かもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。もしよければツイッターやフェイスブックで広めていただけると嬉しいです。

 

耐震マットとハイヒールに関してはおまかせください!
西洋医学・東洋医学、両方の立場からあなたのからだをサポートできます。
二子玉川,ダイエット,ハイヒール,痛み,痛み防止,カイロ,O脚,X脚,膝痛,腰痛,肩,不妊,尿もれなどご相談ください。