股関節を外転させる筋肉③大殿筋④縫工筋と「骨の役割り」について

股関節を外転させる筋肉③大殿筋④縫工筋と「骨の役割り」について

前回にお知らせした要録画番組「NHKスペシャル シリーズ人体 ”骨”」

体のことに興味をお持ちの方、お仕事にされている方ならこの”骨”の果たす役割りを再認識されたのではないでしょうか。

中医学(東洋医学)では、五行のうち「水」にあたる「腎」に関連するのが「骨」「耳」「髪」「膀胱」「寒」「恐れ」「鹹(かん、しょっぱい)」です。(⇒⑬陰陽五行がわかる!爪、顔色、髪、皮膚、歯を見るとわかること。)

 

カイロプラクターでありながら中医薬大学で中医学を学んだ医学気功師として治療している筆者にとって、この、西洋医学がようやく近づいてきたか!という感覚がとても面白かったりするのです。

ちなみに中医学と東洋医学の違いは?

 

上のリンク先で、三余(さんよ)のことを書きましたが

②骨の余りが歯
歯は腎精と深くかかわるが腎だけでなく上の歯には胃経が、下の歯には大腸経がつながるので胃とも大腸とも関係がある)

 

歯も骨と関わるのです。

ということは、「骨」と「若さ」の関係性は、二千年以上前に確立された陰陽五行説ですでに説かれていたわけです。
驚きです。

 

運動方法は

「骨」が「若返り」「記憶力」「免疫力」「筋力」「精力」に関わるという事がわかった以上、これからは足裏からの衝撃を与えなければなりませんね。
ここがポイントです。足裏からの衝撃が必要なのでした。覚えておいた方がいいでしょう。

 

かかとから足裏全体でどんどんどんとする軽いジャンプでいいのです。

かかとでどんどんどんという感じ。響いてもいいところでやりましょう。

 

 

次は腸です。是非とも録画予約を

次は1/14(日)午後9時00分~9時49分 

※放送済みです。

シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク
第4集
万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった

 

では本題です。

 

股関節を外転させる筋肉③大殿筋

大殿筋は股関節を[伸展][外旋]させる筋肉の筆頭です。(⇒股関節を伸展させる筋肉①大殿筋)

 

外転を復習です。

 

 

股関節を外転させる筋肉④縫工筋

 

股関節を屈曲させる筋肉のところででてきた縫工筋です。(⇒股関節を屈曲させる筋肉③縫工筋)

骨盤が前傾している人に、この縫工筋の収縮がよくみられます。

 

 

と書きました。

したがって骨盤が前傾気味の方は[外転]も苦手な人が多いのです。

 

次回は⑤梨状筋です。

 

 

さあ、体形・体型を変えていきませんか?

この先にあるあなたの未来のために!

 

名前:高田祐希
 女性専用治療院:二子玉川「きこうカイロ施術院」院長。

・カイロプラクター
・医学気功師
・スポーツトレーナー
・姿勢指導士
・テーピング治療
・耐震マットでハイヒールの考案者
・オーラチャクラセルフリーディング及び宿命鑑定

「体形・体型改善」をすることが「痛み」をなくすことにもつながることを自己の経験をもとに伝授している。ストレッチ、筋トレ、HIPHOP、ダンス、ヨガ、気功などをトレーニングの中で用い、各人に最適で効果のある楽しい運動を提供している。

 

▼著書「どこに行っても治らなかったひざ痛を10日で治す私の方法」▼
  こちら amazonにとびます

 

 

きこうカイロ施術院では、コロナ対策として、フェイスシールド、マスク、手袋、換気などで万全な対策をとって営業しております。体のことで気になるところがあれば、是非一度ご来院ください。

▼きこうカイロ施術院公式サイト▼ 治療料金、初診時の内容などはこちらから
  こちら

▼HOTPEPPERでのご予約は▼  こちら

▼YOUTUBE▼  こちら

▼アメーバブログ▼  こちら

▼公式サイト▼  こちら

▼Facebook▼  こちら
          高田祐希はこちら

▼Twitter▼  こちら

▼Instagram▼  こちら

▼pinterest▼  こちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトがあなたのお役にたちますように。

 

 

体形改善、体型改善、脚痩せ、お腹痩せ、O脚、X脚、ひざ過伸展、反張膝、ひざ痛、腰痛、肩の痛み、首の痛み、足の痛みでお悩みならば是非一度ご相談ください。

西洋医学・東洋医学(中医学)、両方の立場からあなたのからだをサポートします。

ダイエット、ハイヒールの履き方、歩行、不妊、尿もれ、頻尿などのご相談も同時に受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

 

Follow me!